読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

はてなブログはいいぞ

ブロガーズフェスティバル2014-株式会社はてな
2014ブロガーズフェスティバル 【東京・8月23日】で撮ったやつ

 

 

 はてなブログが5周年を迎えるらしい。ヒャア! こいつはめでてぇ! 自分は2013年からの新参でございますが、今も昔も楽しくブログを書き書き、おもしろいブログを読み読みさせていただいております。はてなブログはいいぞ。みんなで書こうぞ。株を買おうぞ。

 で、5周年キャンペーンとして「お題」が提示されている様子。そうと聞きゃあ乗っからないわけにはいかんぜよ! ――ということで、なんだかひさしぶりな気もする「お題」に答えてみまする。今後とも、よろしくお願いいたします(オリジナルグッズください)。

 

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1. はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

 自分用のメモ・日記として。当時は、新卒入社した企業での肉体労働にひぃひぃ言いながら、それを続けていくことに疑問を感じはじめていた2012年末。仕事への疑問だったり、読んだビジネス書の感想だったりを、ネット上に記録しようと思いまして。

 それまで続けていたmixiはすっかり過疎っていたので、じゃあブログにしよう、と。どのブログサービスにしようか検討していたところ、その当時から好きで読んでいたブロガーさんのページを確認してみたら、みんな「はてなブログ」だったのです。――ほほう、「はてな」とな?

 昔から「はてなダイアリー」や「はてなブックマーク」の存在は知っていたものの、意外とこれまで関わりのなかったサービス。それなら、良い機会だし……ということで、「はてなブログ」で書くことに決めたのでした。こんにちは。はじめまして。よろしくお願いいたします。

 

2.ブログ名の由来を教えて!

 ……なんだっけ?

 もともと、開設当初は「この道、その道、まわり道。」なんていう長いタイトルだった。我ながら何だかよくわからん。先行きの不透明さやら不安やら当時の職種やらの現状から「道」という単語が常にイメージされていたので、そこからのインスピレーションで決めた……のだったと思う。

 ただ、それも冷静になって見てみると、「あ、やっぱり長いわ、これ」と。「◯◯道」の形は崩さず、とりあえず4〜6文字程度に縮めようと考えて、しっくりきたのが今の「ぐるりみち。」だったはず。あっちこっちへまわり道、ぐるりとめぐる寄り道――そうだ、“ぐるりみち”だ、的な。 

ゆるゆらり。 feat.GUMI

ゆるゆらり。 feat.GUMI

  • cosMo@暴走P
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 あとで気づいたんだけど、もしかしたら、こちらの曲ニコニコ動画リンクからも影響を受けているかもしれない。ひらがな5文字で句点付き。しかもずっと好きで聞いている曲とくりゃあ、無意識にイメージされていてもおかしくなさそう。――そう、“ゆるゆらと 生きてゆきたい”んです。

 

3.自分のブログで一番オススメの記事

 やっぱり、これ。

 当時の自分が何よりもブログで書きたかったのが、こういった「インターネットは楽しいぜ!」的な話だったんですよねー。個人HP、BBS、チャット、そして各種SNSを経て、自分がそれまで流し見し続けていた「ネット」の世界。その楽しさを語りたくて語りたくて、仕方がなかった。

 と言うのも、ありふれた表現だけど、自分はずっと「傍観者」だった。ネット的に言えば「ROM専」。時におもしろFLASHを見て、時にテキストサイトを読んで、時には2ちゃんねるも覗きに行って、たくさんの「誰か」たちによって作り上げられたネット文化を眺めて消費してきた人間です。

 それはそれで最高に楽しかったけれど、やっぱりどこかしらに欲求はあったんだと思う。――自分もそのなかに混ざりたい、ただ周囲から見ている観客じゃなく、参加者として何かを発信してみたい――という。でも、自分なんてつまらない人間だし、そんな誰かを笑わせるような、誰かの為になるようなコンテンツなんて作れるはずがない。……そう考えていた時期が、自分にもありました。

 ずっと誤解してたんだけど、万人に向けた「おもしろい」を無理に作る必要はなく、自分なりの経験や考えを発信していれば、少なからず誰かが見つけて、“おもしろがってくれる”んですよね。勝手におもしろがり、役立ててくれる。――あ、受け身でも参加できるんだ、と気づいた。

  そうしてブログを開設し、じゃあ、何を書こう? と考えたとき、真っ先に意識に上ってきたのが、「インターネットもぐもぐ」さんの記事でした。働きながらもずっと記憶の片隅に残っていて、自分も「書きたい!」と思っていた話題でござる(反応も含めて好きなので、Togetter引用で失礼します)

 ――これだよ! 完全に同世代で、最高に共感できる記事。それこそ内心ではヘドバンするほどの勢いで頷きながら読んだ「ネット語り」を、自分でもやってみたい。いや、やるしかねえ!! ……ということで書き上がったのが、この「平成生まれの〜〜」記事でござった。ゆえに、自分のブログの記事を挙げるなら、まずはこれ、なのです。

 

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

 なんかだいたい語り尽くしちゃった感じもあるので、ざっと箇条書きで。

  • 自分の文章を読んでもらえるのが嬉しい
  • この記事もだけど、「お題」の文化が今も続いている良さ
  • 気になったことは調べるようになった → 勉強になる
  • 普段から意識してネタを探すようになり、生活の幅が広がった(例:本を読むようになった、映画を観るようになった、気になる飲食店には躊躇せず飛び込むようになった、トークイベントを聞きに行くようになった、などなど)
  • 賛否に関わらずコメントをもらえる、それだけでご飯3杯イケる
  • ほどほどにキャッキャウフフ&殴り合いのできる「言及」の文化がある
  • 本の感想を書いたところ筆者さんの目に留まり、コメントをもらって狂喜乱舞
  • 他のブロガーさん・読者さんと話題を掘り下げるのもおもしろい
  • 今まで以上にブログを読むようになった(増田もいいぞ)
  • それまでになかったつながりができた(オフ会とかイベントとか)
  • お仕事の依頼がきた! → 依頼が増えた! → 本業にしちゃった!
  • そもそもコミュ症なので、ブログがなかったら転職できてたか怪しい
  • ただでさえ天使なミクさんのお手伝いができたこれ
  • ブログ楽しい!

 

5.はてなブログに一言

 ノートください(今後ともよろしくお願いいたします)

 

 

関連記事