ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

【ポケモンGO Plus発売!】Amazonのアウトドア商品にリアル課金して効率プレイ

 

 ついに発売となりました、「Pokémon GO Plus」。ますます外出がはかどるようになると想像できますが、そうなると出先でのバッテリー消耗も気になってくるところ。モバイルバッテリーや移動手段なども確保しておきたいですよね……。

 そこで今回は、Pokémon GO Plus以外にも持っておきたい、『Pokémon GO』をプレイするにあたって大活躍する各種グッズをご紹介。あると便利な「リアル課金」グッズを、Amazonの主にファッション・アウトドアカテゴリーのなかから選んでみました。

 

 

「リアル課金」とは

f:id:ornith:20160712215044j:plain
【公式】『Pokémon GO』 初公開映像 - YouTube

 

 ――説明しよう!

 「リアル課金」とは、基本無料の位置情報ゲームアプリ『Ingress』において、「ゲーム内でアイテムを買うような“課金”ではなく、ゲームを効率的にプレイするために現実世界で使う諸々のお金・課金」を指すものでございます。

 

Ingressは、無料でプレイできるスマートフォンアプリです。
ソーシャルゲームによくあるような「アイテムを購入するために課金」「体力を回復させるために課金」という機能はありません。
Ingressでいうところの「課金」とは、現実で行動するために必要となる課金のこと、それがつまり「リアル課金」と呼ばれています。

リアル課金とは | イングレス攻略情報サイト 【リアル課金ドットコム】 #Ingress info

 

 例えば、位置情報を使ってプレイするゲームであるがゆえに必要となってくる「移動手段」や「交通費」。あるいは、屋外でのプレイ中にその場でスマートフォンを充電するための「モバイルバッテリー」。はたまた、夜間行動のための「ライト」などなど。

 ほかにも、過去に話題となった重課金プレイヤーたちは、個人で国境を超えるのはもちろんのこと、集団で数千ドルを集めて電波塔をレンタルをしたこともあるそうな*1。な、何を言っているのかわからねーと思うが、僕もわからん。とにかく、ガチのIngressエージェントの行動力はヤバい。

 

 

 ーーからの、『Pokémon GO』のリリースでござる。米国をはじめとする海外では、社会現象と言えそうなレベルで流行している(らしい)という話が耳に入っている今日この頃。日本版マダー?

 そもそも『Pokémon GO』の開発会社は『Ingress』のNiantic社。Pokémon GOの地図上で表示される「ポケストップ」は、Ingressの「ポータル」準拠となっており、広い意味での「陣取りゲーム」という点では共通点も多いのです。ゆえに、Ingressと類似の“課金兵”が現れるのは必至かと。

 

 つまり、スポーツウェアやランニングシューズ、モバイルバッテリーに自転車といったグッズに「リアル課金」することで、『Pokémon GO』を効率的にプレイすることが可能になるのです!

 もちろん、ハマるかもわからないゲームの前準備にあれこれ買うのは勧められませんが、すでに充分すぎるほどIngressに夢中になっていた自分としては、安価で各種グッズが手に入るのはありがたい。……とくりゃ、ポチるしかないでしょう! 万全を期して、炎ポケモンを探しに行くのだ! 

 

 そんなわけで、『Ingress』ひいては『Pokémon GO』のプレイに役立ちそうなグッズを一部、ざっくりとまとめました。

 

モバイルバッテリー、USBケーブル

 何はなくとも、まず必要になってくるのがモバイルバッテリー。外ではコンセントを使えるお店を探すのも一苦労、場合によっては席が空いていないこともあるので、屋外の充電手段として。ゲームはもちろん、実生活でも役に立つので、持っておいて損はないかと。僕はダンボー版を使ってます。

 

cheero Power Plus 3 13400mAh

cheero Power Plus 3 mini 6700mAh

cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version

cheero DANBOARD USB Cable with Micro USB connector

 

水筒

 夏場の屋外での活動において、水分補給は欠かせません。水筒やタンブラー、自動販売機への“課金”は積極的にしていきましょう。さすがに2リットルサイズを持ち運ぶ猛者は少ないかと思いますが、Ingressでテントにリアル課金する人がいるという事実を考慮すれば、さもありなん。

 

象印 水筒 ステンレスマグ 340ml

象印 水筒 直飲み ステンレスクールボトル1.03L

象印 水筒 直飲み ステンレスボトル スポーツタイプ 2.06L

 

スポーツウェア

 「ゲームついでに運動するべ」という意欲のある方は、スポーツウェアを揃えてしまうのもおすすめ。自分も実際、ご近所でIngressをプレイする際にはウェアを着て、数kmほど走るのを日課にしております。

 もちろん、ウェアには人それぞれ好みもあるかと思われますので、基本的には自分で見て選ぶことをおすすめします。僕個人としては、実際に使っているアディダスの長袖ウェア……は季節的に勧められないかと思ったので、ここでは半袖のものを載せております。

 

adidas ランニング Snova リフレクトショーツ

adidas Snova リフレクト 半袖 シャツ

 

スポーツシューズ

 ウェアを買うなら当然、足下の靴も大切。本格的に走るためのシューズまでは必要ないけれど、スニーカーではちょいと心もとないーーということで、お手頃なランニングシューズをいくつかピックアップ。こちらも同じく、機能性やデザインも考慮して。

 

adidas ランニングシューズ マナ バウンス スピード

new balance ランニングシューズ VAZEE COAST M

MIZUNO ランニングシューズ MAXIMIZER 17

 

自転車

 Ingressエージェントのガチ勢は街乗り仕様のクロスバイクでポータルをまわっていたりしますが、ご近所を巡回するだけならば、保管スペースを取らない折りたたみ自転車も一手。ただし、ながら運転はダメ、ゼッタイ。

 

CAPTAIN STAG Oricle 20インチ FDB206

My Pallas APHRODITE シティサイクル 26インチ V型フレーム

 


 

 以上、『Ingress』もしくは『Pokémon GO』プレイヤー向けの「リアル課金」おすすめグッズでした。正直なところ、最初はモバイルバッテリーだけあれば充分であるようにも思いますが、ゲームの“ついで”に運動なども考えている人は、買っておくのも悪くないかと。

 もちろん、屋外でプレイするゲームである以上、常に周囲に気を配りながら楽しむのが大前提です。スマホ歩きや、周囲の音が聞こえない音量でのイヤホン使用は避けて、マナーを守って遊びましょう。『ポケモン』ということで子供のプレイヤーも多いでしょうし、大人が模範となれるよう。

 

関連記事