ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

「自分らしい文章」はどこにある?

「最近、ブログを始めたのだけれど、自分が書いた文章に違和感を覚えて仕方がない。上手い下手は置いといて、なんだか“自分らしくない”気がする……」

 

 先日、こんなご相談を受けました。――わかるわ。自分なりに思うがまま、素直に文字を書き綴っているはずなのに、読み返してみると、ちょっとした違和感を抱いてしまう感じ。

 僕自身、1年前と2年前のブログ記事を読み返してみると……なんとまあ、「誰だおまえは!?」とツッコみたくなるような文章もたまにある。考えていることは「自分らしい」と言えば “らしい” のだけれど、文体でちょいと引っかかるイメージ。あと、ネットスラングの流行り廃りが激しい。

 過去に何度も書いてきた話題ではありますが、「 “自分らしい” 文章ってなんぞ?」という問いに関して、改めてつらつらと考えてみようと思いまする。

 

「書き言葉」と「話し言葉」、媒体によって異なる「らしさ」

 まず、そもそも「書き言葉」と「話し言葉」は違うよね、という話。日常会話をそのまま「文字」として表現することは難しく、それは講演会のように形式的な場で発せられた言葉であっても同様だ。

 他方では、ネット上には講演やラジオなどの音声を “書き起こし” たコンテンツだってあるし、それらが「話し言葉」を活字にしたものであることは間違いない。

 けれど、そこには編集の手が加えられているし、より読みやすくするために、口調だけでなく話の順番をも入れ替えて編纂された文章だってある。それらは、もともとは「話し言葉」でありながら、「書き言葉」に変換された別物であると言える。

 

 なにも、媒体によって表現が変わるのは「書き言葉」と「話し言葉」だけではない。同じ「書き言葉」の文章であっても、それが掲載・印刷・表示されている場所によって、あるいはその内容によっても各々に特徴があり、それぞれがある種の「らしさ」を持っている。

  1. 「ソーシャルメディア」とは?その定義と種類、特徴
  2. 就活で使ったエントリーシートを公開してみる
  3. 会社を辞めるか悩んだ時に「現代の働き方」を再考する10冊の本
  4. 妹がチョコレートで「ダンボー」を作ってくれたよ

 例えば、このブログで書いた、これら4つの記事。同じブログで書かれながら、文章テーマとなっている「内容」は言うに及ばず、「文体」もそれぞれ微妙に異なっているんじゃないかと思う。

 上から順に軽く説明すると、「学生時代の論文を一部マイルドにしたもの」「就活時代のES」「電子書籍用に執筆した文章」「会話文と画像を多用したブログエッセイ」といった感じ。下に行くほど、どちらかと言えば「話し言葉」に近い、かるーい文体になっているはず。

 

 新聞に雑誌、論文にエッセイ、ブログにまとめサイトなどなど、同じ「書き言葉」であっても、「自分らしさ」の前に、その「媒体らしさ」がある。さらには上で示したように、 “僕” という一個人が書いている個人ブログですら、その内容によって文体が異なってくる(という人もいる)

 であるならば、文章における個人の文体、「自分らしさ」というものは、たしかにある程度はその文中に出てくる面もあるのだろうけれど、時と場合によってグニョングニョンと形を変えるものなのではないかと思います。 “らしさ” が表れるのであればむしろ、そこに書かれている「意見」や「主張」といった部分に色濃く出てくるのではないかしら。

 

 付け加えると、これまたなにも「書き言葉」に限らず、「話し言葉」でも同じことが言えるんじゃなかろうか。

 敬語・常語といった区分に始まり、どういった場面・場所で話すかによっても話し方は変化する。一人ひとりに対して、それぞれ異なる口調で接している人だっているかもしれないし、付き合いの長さや心境の変化によっても話し方は変わっていくだろう。

 

 おそらく、よっぽど語彙力や文章力に秀でているだとか、特徴的な文章を書く人でないかぎり、まず読んでいて最初に意識されるのは書いている筆者の「その人らしさ」よりも、その文章が掲載されている「媒体らしさ」になるのではないかしら。

 まずは「媒体」という型にはまってから、「自分らしさ」を試行錯誤していくのが順当な流れ――なのかな。「型」にはまり、文章中で示す内容・意見によって「らしさ」を表現し、最終的にその人特有の「文体」が獲得されるに至る*1

 

ブログで「自分らしさ」を表現する場合

 ところが一方、「ブログ」という媒体に関して言うのなら、基本的には思うがままあるがまま感じたことを好き勝手に書き連ね、それが積み重ねられた結果として「自分らしさ」が文中に可視化され、周囲から評価を受けているように見える。つまり、「型」はさほど重要ではない。

 と言うのも、個人ブログを読んでいて(書いていて)おもしろいのは、媒体ならではのテンプレートがない、誰もがまっさらな状態から始められる点にあると思うのです。

 もちろん、それが「ブログ」という形式を採用している以上、サービスごとにデザインのテンプレートはあるし、それが記事別に読むことのできる文章・写真・イラストといったコンテンツ群のひとかたまりであることは間違いない。大枠で見れば、決められた「型」は確かにある。

 

 けれど、そこに「何を」「どのように」書いていくかは運営者個人に委ねられており、それこそ十人十色の個性が出てくる。写真やイラストといった視覚的なコンテンツはもちろんのこと、文章ひとつ取っても、日記・エッセイ・小説・レビューなど種類はさまざまだ。

 さらに細分化すれば、実際に文章を読んでみると、先にも書いた「らしさ」が見て取れる人がブログ上では少なくない。作家さんに影響を受けているらしい文体があれば、ネットスラングを多用した独特の文章もあり、話し言葉さながらの文章をそのまま載せている人だっている。

 

 他方では昨今、ビジネスライクな「プロブロガー文体」とも呼べるブログが目立つようになってきた側面もある。だけど、それでも「ブログ」は各々に個性が表れやすく、根本的には「媒体らしさ」が限りなく薄い場所なんじゃないかと思う。敬体や常体、文字数や構成、話題やコンテンツの縛りなく、ひとつの記事が完結している必要すらなく、好き勝手に思いを綴れる落書き帳。

 ――と考えていて思ったのですが、ブログを書くなかで「なんだか自分らしくないような……」と悩んでいる人はもしかして、何らかの「ブログらしさ」に縛られてしまっているのではないかしら。無理に先人の「らしさ」に追従しようとした結果、どっちつかずになってしまっている格好。

 尊敬する人の文体を真似しているとか、「PVやお金が稼げる」という理由から、推奨されているテンプレートを取り入れているだとか。確かに、何らかの “結果” を出すために先人の知恵を借りるのは効果的だと思うけれど、ただ追従するだけでは必然、「自分らしさ」は削らざるをえない。

 必ずしもそれが悪い方法だとは言えませんし、そこは考え方次第なのかなー、とも思う。なかにはその取捨選択をうまくしている人もおり、先人のいいとこ取りをして「らしさ」を上乗せできれば万々歳。自分の目的に合わせた型を選びつつ、そのサイズを自分の形に調整できる人は強い。

 

 ただ、もしマニュアル通りの「ブログ運営」に違和感を覚え、「自分らしい文章」が書けていないという実感があるのなら、とりあえず一度、丸裸になってみるのはありだと思います。

 検索に最適化された単語を並べるだけの作業を辞め、意味があるかも怪しい内部リンクは外し、自分が書きたい文章だけを自由に書き綴る方向へ。

 「自分らしさ」って結局は、自分の「好き」の感情や、「気になる」話題への言及から生まれてくるんじゃなかろうか。好き勝手に文章を積み重ねていれば自然と「らしさ」は表れてくるし、ブログ運営自体も長く続けられるように思います。なんにせよ、楽しんだ者勝ちでっせ。

 

 

関連記事