読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

池袋『元祖めんたい煮こみつけ麺』は明太子のコク旨スープが至高

f:id:ornith:20160327181744j:plain

 

 つけ麺に、明太子、とな。

 

 

近頃はあっさり系ばかりを食べていた自分のラーメン事情

 池袋と言えば、ラーメン激戦区。“東が西武で西東武”とはよく言ったもので、どこの出口から出てもラーメン屋さんが目に入るため、もう方角なんざ知ったこっちゃねえですわい。むしろ、外にあるラーメン屋で方角を判断している人もいるんじゃないかと(いない)無敵家は南!

 そんな有数のラーメンエリア・池袋が生活圏にありながら、実は全く「ラーメン」に通じていない自分。悩んだときには、一風堂。つけ麺をお腹いっぱい食べたいなら、やすべえ。数ヶ月に1回、天下一品。――だいたい、そんな感じ。最近はそこそこ、意識して新規開拓もしておりますが。

 

f:id:ornith:20160327184003j:plain

 

 そんななか、「池袋でおいしいラーメン・つけ麺屋さんと言えば?」と何人もの知人・友人に聞いてみると、高確率で名前が挙がるお店があることに気づいた。

 それがこちら、『元祖めんたい煮こみつけ麺』さんでござる。「……あら? その後ろに、『○○堂』とか『○○家』とか付かないの?」と思ったら、これが正式名称らしい。……あれかな、看板メニューをそのまま店名にしているタイプのお店かしら。

 

f:id:ornith:20160327182051j:plain
お品書き|元祖 めんたい煮こみつけ麺 公式サイト[東京 池袋]

 

 はたして、そのとおりでござった。公式サイトの「お品書き」を見ると、どでかく示されているのは「元祖めんたい煮こみつけ麺」のみ。下を見れば、ごはん、デザート、飲み物(生ビール)といったメニューも挙げられているものの……それだけ。ほぼ、つけ麺オンリーである。

 “めんたい煮こみ”の字面を目にすれば必然、気になってしまうもので、実際に食べに行ってみることに。考えてみると近頃は、塩グリーン麺に、優しさあふれる中華蕎麦など、あっさり系のラーメンばかり食べていたような気もする。ここらでガツンと一発、濃厚なの行っちゃいますか。

 

食べれば食べるほどにおいしくなる、コク旨つけだれ

 ――というわけで、早速。

 ……内装がちょっと高級な感じだったとか、宣伝上手なのか、実は結構いろいろなテレビ番組でも取り上げられている人気店らしいとか、店員さんがみなさんすごい元気で親切だったとか、そういった嬉しいポイントも置いといて、何はともあれメシである。

 

f:id:ornith:20160327181743j:plain

 

 元祖めんたい煮こみつけ麺(1,280円)。 麺の量は100、200、300gから選ぶことが可能で、400gの場合だけ値上がりして、1,560円になる模様。今回は少ない100gを選択したうえで、ごはんも一緒に注文しました。

 そのときにありがたかったのが、「ごはんもセットにしたいけど、多すぎてもアレだし……麺の量をどうしよう……」などと唸りつつ悩んでいた自分に、店員さんがわかりやすく説明してくださったこと。曰く、「200gで牛丼並くらいですよー」とのご助言。そうなのかー!

 さらに付け加えることによれば、「少ない量で注文しても、同じ価格の量までであれば、あとで追加することもできる」とのお話。つまり、「最初に100gで注文しても、合計300gまでは追加で増やせる」ということらしい。これはありがたいっすね(※お店で注文する際には、念のためご確認ください)

 

f:id:ornith:20160327181742j:plain

 

 そんなこんなで、いざ、実食。ぼちぼち熱くなっているスープに、あつもりの麺をからめて、ちゅるちゅる……と。うまし! よく食べ慣れた、自分が好きな魚介系の味わいの中にも、独特のコクと旨味が感じられる。なるほど、確かに明太子っぽさ、ある。

 驚いたのが、つけだれが警告色を発している割に、辛さをほとんど感じなかった点。辛いものが苦手な自分でも余裕で頬張れる、ピリ辛にも満たない、“チョビ辛”レベル。これなら、普段は辛味を避けている方でも、安心して食べられるはずです。逆に好きな方は、特性の辛味だれをぜひ。

 

f:id:ornith:20160327184000j:plain

 

 そして、ごはん先輩である。おそらくは大多数の人が、麺を食べ終えるやいなや、茶碗を片手でむんずと握り、白く輝く米米をスープに叩き落とす、“おじや”スタイルでいただこうとするのではないかしら。

 けれど、あまり濃い味のスープに浸しきっちゃうのもアレかなー……と躊躇した自分は、ごはんに“かける”スタイルを選択しました。いや、でもこれで充分イケるんですよ。マジうまっすよ。これ単体で、ごはんの友として常備しておきたいくらい。最高。

 加えて、ごはんにかけることで改めて発見されたのが、「明太子」の存在。つけだれの下に沈んでいたらしい明太子の粒々が白米の上でさんざんと輝き、口に含むとぷちぷちの食感が自己主張してくる。――明太ちゃんは、ここにいたのね! ありがとう! おいしいわ!!

 

 そんなこんなで、最後は特性の割り下を注ぎ、おいしくごくごくといただきました。いやー、満足満足。結局、追加注文はしませんでしたが、200g+ごはんでちょうどいいくらいという印象。次は多めに注文……いや、でも、デザートも気になる……ぐぬぬ。

 少々お値段はお高めになりますが、食べ終わってみれば「大満足」の一言でございます。通おうとするにはちょっと懐が心もとないので、これからもたまの“ご褒美”として使えたらいいな、と。また来ます。ごちそうさまでした!

 

Kindleセール、今晩日付が変わるまでですってよー。

 

店舗情報

 

関連記事