ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

上野『とんかつ 山家』のロースかつ定食は750円でボリュームたっぷり!

f:id:ornith:20160125164632j:plain

 1月某日。午前中から喫茶店で作業に没頭し、ふと時計を見てみると、お天道さまもてっぺんを越えるくらいの時間帯になっていた。夕方からは予定も入っており、さすがに昼食を抜くのは躊躇われたため、上野近辺に移動してぶーらぶら。どっかで何か食うべ。

 季節に似合わぬポカポカ陽気のなか、鼻歌交じりに飲食店を探す、平日の昼下がり。上野駅から御徒町方面へ足を向け、そのまま秋葉原を目指そうとしていた矢先。目に入ったのは、一軒のめし処でございました。暖簾には「とんかつ」の文字。

 ――そういえばしばらく、外で揚げ物は食べていなかったようにも思う今日この頃。とんかつ、ええなっ……ということで、そのまま突撃してきた次第でございます。この日はきっと、とんかつ日和。あなたもとんかつ。わたしもとんかつ。そして輝くウルトラソウル。\ハァイ!/

 

スポンサーリンク
 

 

下町の 安くて美味い ロースかつ

 おじゃましましたのは、とんかつ「山家」の御徒町店。上野駅から御徒町方面へ、アメヤ横丁から線路を挟んで反対側の道沿いにある、見た目は小さなとんかつ屋さんです。立地的には、御徒町駅を降りた目と鼻の先といったところ。

 

f:id:ornith:20160125164633j:plain

 小綺麗な引き戸と、お店の前の「ロースかつ定食 750円」の看板が気にかかり、足を止めた格好でござる。時計を見れば、すでに14:00過ぎ。ファストフードでちょちょいと済ませるのも悪くないと思っていた矢先に、気になるお店とエンカウント。……そりゃまあ、入りますよね。

 勢いで入店すると、細長いL字のカウンター席にお客さんがずらり。カウンター内側では、数多くの店員さんが調理に盛りつけにてんやわんや。めっさ盛況、というか満席。もう14:00過ぎなのに。カウンター背後のベンチで待つよう店員さんに促されたので、そちらへ。失礼しますよ、っと。

 

 「お先に注文をどぞー!」との声がかかったので、壁に貼られたお品書きに目を走らせつつも、入り口にも掲示されていた「ロースかつ定食」(750円)を注文。安いは正義。それに、一番目立つところに掲げられているあたり、看板メニューかと思ったので。

 人心地ついたので、ここでようやっと、お店の名前で検索してみる。――食べログで、3.59点。TOP5,000にも入っている、人気店じゃないですかー! やったー! 他のページを見ても、「とんかつ まとめ」の類の記事でたびたび紹介されている、有名店らしい。やったぜ。

 ここまできたら評判も確認してしまえ、ということでレビューを見ると案の定、目に入るのは「コスパ」の文字。だいたいのメニューが1,000円を払ってもお釣りがくる価格設定になっており、その安さと美味さにハマって再訪するお客さんが多いみたい。改めて客層を見回してみると……なるほど、サラリーマンらしきスーツ姿のおじさまも多いですね。これは期待も高まりまする。

 

そのまま食べても美味しい、サクサクかつをもぐもぐ

 さてさて、思いのほか早く席に通されて、待つことしばし。その間には温かいお茶(とお新香)が出てきたので、そちらで喉を潤しつつきょろきょろしていると……程なく、恰幅のいいおばちゃんが威勢よくお皿を手渡してくれました。わぁい、いただきます!

 

f:id:ornith:20160125164630j:plain

 ロースかつ定食(750円)

 想像していたよりも分厚いカツに、結構な量が盛られた千切りキャベツ。ごはんも大盛り。配膳のときにじゃらじゃらと音が聞こえていたお味噌汁は、小さな貝がたっぷりのシジミ汁でございました。これで1,000円しない……だと……!?

 

f:id:ornith:20160125164631j:plain

 まずは一口、何もつけずにとんかつを口に放り込むと……おいちい!!!

 

 見た目どおりの厚さのカツには、お肉がぎっしり。衣は薄めに感じるも、充分にサクサクな食感が伝わってきて、これには衣好きの僕もにっこり。衣が薄い分、お肉の歯ごたえがしっかりと感じられるものの、そこに“硬さ”はまったくない。ちびっ子でも安心して食べられる柔らかさ。

 脂身は控えめながら、それでも噛めば広がる甘さがたまらない。そのままでも食べ続けられる美味しさは、折り紙つきでございます。実際、僕はソースもちょろっとかける程度で、ほとんどひたすらカツとキャベツのみでうめえうめえ言いながら(脳内で)食べておりましたゆえ。

 というかこの美味しさは……アレだ。むしろお肉を引き立たせる、「塩」が欲しくなる味でござる。帰ってからレビューを確認してみたら、塩も一緒に盛ってもらうように頼むお客さんもちらほらいらっしゃる様子。……しまった! 頼めば良かった! 次こそは、忘れずに。

 

 「写真の少なさは、それだけ夢中になって食べていた証拠!」ではありませんが、マジで箸が止まらなかったのは事実。カツ! ごはん! キャベツ! しじみ! ――とひたすらループしていたところ、すっかり存在を忘れていたカラシ先輩が口内に紛れて、むせこんだレベル。す、すまぬ……。

 最初は多いと感じた分量も、食べ終えてみればちょうどいいくらい。一般成人男性と比べて少食な自分が、「お腹いっぱい、だいまんぞく!」と笑顔でお店を出られるくらいの印象です。苦しくならない程度に満腹感を得られる量として、確かにこれは“コスパ”もいい。

 

 メニューには他にも、上位互換の「上ロースかつ定食」や「ひれかつ定食」なども取り揃えているとのことなので、こいつは再訪必至でございまする。店舗はこちらの御徒町店に加えて、近くにもう一店、上野店もあるそうな。

 平日昼過ぎでもあの混みよう……と考えると、なかなか待たずに入店するタイミングを狙うのは難しいかもしれません。が、提供されるカツは美味しく、安く、サービスも回転も悪くないとなれば、並ぶ価値ありのとんかつ屋さんと言えるのではないかしら。

 

 ――ごちそうさまでした! また行きます!

 

店舗情報

 

関連記事