ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

【寄稿】思い通りにならない日は 明日 頑張ろう

 NHKの朝ドラ『あさが来た』を見ています。朝ドラが終わったら会社に行きます。

 

あさが来た
NHK連続テレビ小説『あさが来た』

 

 おてんばなヒロイン(波瑠)は見ていて“ほっこり”しますし、ヒロインを支えるボンボン夫(玉木宏)がすごくなんとも言えない“ほっこり”を醸していて、私は“ほっこり”します。

 ところで、朝ドラの主題歌って毎日見てるから覚えちゃうんですよね。それで、会社に向かう途中はずっと主題歌が脳みそをリフレインしています。朝ドラあるあるですね。

 

365日の紙飛行機

 今回の朝ドラ『あさが来た』の主題歌はAKB48の「365日の紙飛行機」です。その歌詞が結構いいんですよ。一部載せます。

朝の空を見上げて 今日という一日が
笑顔でいられるように そっとお願いした
時には雨も降って 涙も溢れるけど
思い通りにならない日は 明日 頑張ろう

  聞いたことがない人は明日の朝にでもテレビで聞いて欲しいんですけど、結構いいんですよ。毎日聞いているから単純接触効果で好きになっているという可能性も大いにありますが。

 で、その素敵な曲に「思い通りにならない日は 明日 頑張ろう」っていうフレーズがあります。私はそのフレーズを気に入っていて、朝ドラが終わって会社に向かっているとき「思い通りにならない日は 明日 頑張ろう」が脳内で無限にリフレインするんですよ。そりゃ毎日聞いてればメロディは覚えますし、自然と口ずさむようになるってもんです。

 

スードリー城の庭園

 

思い通りにならない日は 明日 頑張ろう

そういうわけで、

 思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~
思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~
   思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~ 思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~   思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~~~

が脳内を巡りながらに毎日会社に向かっています。

 仕事なんて思い通りにならないことばっかりなので、「明日 頑張ろう」ってぐらいがちょうどいいかもしれません。会社に行く途中にこのフレーズが脳内を巡るのでちょうどいいです。

 子供のころ、「高校までの勉強には“答え”があるから楽だよ。大学では“答え”がない勉強をするから大変だ。」なんてことを、偉そうな大人が言っていました。

 そこそこ大人になって大学で卒論に手をつけ始めたときに、なるほどこういうことかと思ったことを覚えています。数学の問題集やってんじゃないんだから、答えなんてないんですよ。自分で答えを探さないといけない。でもまあ先行研究+αでぺぺぺっとやっとけば卒論ぐらいはなんとかなるもんです。

 そこそこまあまあ大人になって会社に入った私、仕事はもっと大変でした。仕事の答えが見当たらない。何をどう売ればいいのか、どうすれば売れるのか。何を創ればいいのか、どう創ればいいのか、何のために創ればいいのか。・・・、・・・、・・・。

 多少のヒントは周りに転がっているものの、答えは未来にあって、今ここには存在しません。「何のために創って、どうやって創って、どうやって売るのか」、“思い通り”にしなければいけません。

 当たり前ですが思い通りにならないことなんて山程あります。しんどくて、精神を消耗しますよね。今日の仕事を思い通りにすることだって大変です。

 だからこそ、思い通りにならなかったら、また明日、思い通りになるように頑張ればいいんですよ。それくらいの気持ちがちょうどいいのかもしれません。

 思い通りにならない日は 明日 頑張ろう~

 

私がもう一人いて

 「365日の紙飛行機」歌詞の続きを、またちょっと載せます。

ずっと見てる夢は 私がもう一人いて
やりたいこと 好きなように
自由にできる夢

 夢の中には私がもう一人いる。その私は、現実とは違ってなんでも好きなように自由にできる。いいな~超いいな~、夢の中の私ちょういいな~

 そんな空想を巡らせつつ、まあ、明日頑張ればいいんですよ。明日、思い通りにならない日は 明日 頑張ろう。

 最後になりましたが、「思い通りにならない日は 明日 頑張ろう」をメロディに乗せると、「思い、通りに ならない日~は~、 あし~~~た がんばろう~~~~」となります。とってもほっこりします。この記事を読んでメロディが浮かばない人は、次回の朝ドラで主題歌を聞いてみましょう。「思い、通りに ならない日~は~、 あし~~~た がんばろう~~~~」て気持ちになれて、心にゆとりが生まれるのでおすすめです。

 


 

この記事は、しゅなid:asiminoさんからご寄稿いただきました。

寄稿について このブログでは、寄稿記事を募集しております。
詳しくはこちら → 寄稿記事の募集要項について