ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

メンズデーの月曜日は新宿「テルマー湯」でまったり作業

※追記:メンズデーは2015年11月末をもって終了したようです。

 

 

 8月のグランドオープンから3ヶ月。ネットの「行ってきた!」記事も一段落し、オープン記念のキャンペーンも今月末まで。新宿・歌舞伎町民にとってもすでに見慣れた存在になりつつある――のかは知らないけれど、僕も何度か使わせていただいております、テルマー湯。

 

 

新宿歌舞伎町にオープンした、すてきな温泉施設

f:id:ornith:20151116181916j:plain

【公式】新宿歌舞伎町の温泉:テルマー湯

 

 新宿駅前、歌舞伎町。ゴールデン街の真横に8月、ででんとオープンしたのが、テルマー湯

 毎日、中伊豆から運んでいるという天然温泉「神代の湯」をはじめとして、かのヨッピー氏に「このサイズの炭酸泉は見たことない!」と言わしめる高濃度炭酸浴*1。各種サウナにリラクゼーション、レストランも複数店舗ありの、総合ウルトラスーパーメトロポリス温泉施設でござる。

 

 地下2階、地上4階の縦長施設ではあるものの、入ってみると想像以上に広々。館内を歩いてみても、廊下、階段、浴室、レストラン、ラウンジなどなど、いずれも全く「狭さ」を意識することはございませぬ。あ、ロッカーは狭いかも。

 過去に郊外のスーパー銭湯・温泉施設に通っていた時期があったけれど、そちらと比較しても見劣りしない……というか、むしろ広い。オープンしたての清潔感による印象もあるかもしれませんが、とても大都会・新宿とは思えない、のびやか空間がそこにはありました。

 

 施設内は、1階が受付とロッカー。着替えたら2階の浴室にどぼーんして、いろいろなお湯に浸かってほっこりまったり。地下1階がレストランフロア、地下2階がラウンジになっているので、風呂あがりは基本的にそちらで過ごす感じかしら。

 エステや岩盤浴の類は利用したことがないため、3階と4階は自分にとっての未開の地でござんす。お金はケチるもの。それでも充分にくつろげているし、ありがたく利用させていただいております。ありがたやありがたや。

 

風呂と作業を行き来する

 自分がテルマー湯を初めて訪れたのは、10月末のこと。それは言うまでもなく、「温泉」の魅力に惹きつけられてのことなのだけれど、他方では、ホッと落ち着いてゆったりとパソコンに向かえる「作業場」あるいは「読書室」としての期待もありまして。

 いつもいつも同じ喫茶店におじゃまするのもアレだし、図書館はちょっと静かすぎて落ち着かないときもある。何より、飲食店や公共の施設にはくつろげるだけの広さと余裕がない。……いや、探せばあるのかもしれないけれど、でも“お風呂”はなかなかないでしょう。たぶん。

 

 実際に利用させていただいた結果、そんな当初の思惑は見事に達成されたのでございました。オープンしたての清潔感に加えて、大都会・新宿においては類を見ない広々とした館内施設。ついでに、「客が来ねえ!」と話題になるくらいにはお客さんの入り具合もほどほど。

 

 地下のリラックスラウンジは、席のひとつひとつにテレビ&コンセント付き。携帯の電波はさすがに息をしていなかったけれど、フリーWi-Fiが飛んでいるので問題なし。

 寝ている人も多いので、あまり大きな音でタイピングするのは躊躇われるものの、ネットサーフィンや読書には最適でござる。眠くなったら、そのまま椅子を倒して寝ればいいし。ちょっと飽きてきたら、気分転換に風呂に入るか、レストランに移動して作業するのもひとつの手。

 

 ――とは言えさすがに、「館内を歩くと、お客さんよりもスタッフさんとすれ違う回数のほうが多いぞ……?」という状況を見ると、いち利用者としても不安を覚えるレベルではあるのですが。

 ただ、10月末に訪れたときと比べたら、お客さんの数も若干は増加しているように見えなくもないので、徐々に認知されつつはあるのかな、と。館内全面写真撮影禁止、かつ強気の料金設定、さらに歌舞伎町間近の“怖い”&“お高い”イメージのせいか、口コミが広がりづらいのかしら。

 

 ほどほどに喧騒があるくらいの今がちょうど良いとも思うけれど、もうちょっと賑わいがほしい……というか、賑わってくれないと困るので、利用者の一人として応援したいと思った次第でございました。がんばれ、超がんばれ。

 

 メンズデーは毎週やっておりますので、興味のある男衆はぜひぜひ。

 

 

関連記事

*1:冒頭リンク参照。