ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

たこ焼き食べ放題!『串カツ田中』で鉄板と戦ってきた

串カツ田中 食べ放題

 

 世の中には、2種類の人間がいる。
 ――タコ派とイカ派だ。そして私は、後者だ。

 しかし「たこ焼き食べ放題」と聞けば、行かないわけにはいくまい。
 大阪市西成区発、「串カツ田中」さんに行ってきました。イカ、よろしくー。

 

最近よく見る 「二度付け禁止」の、あのお店

串カツ田中 食べ放題
先代より受け継ぐ串カツ田中|串カツ田中

 『串カツ田中』は大阪市西成区発、伝統のレシピを守り続ける串カツ屋さん。白地にどデカく書かれた店名は街中でもよく目立ち、気軽に入れる大衆居酒屋っぽくも見える店構え。

 特に渋谷で頻繁に見るような気がしてたけど、ホームページで確認したら、渋谷区内だけで7店舗もあるんですね。道理で。ずっと気になってはいたものの、利用する機会に恵まれず、今回が初訪問でございます。わくわく。

 

串カツ田中 下北沢店

 このたび訪れましたのは、下北沢店。念のため、日中にお店の場所を確認しに足を運んでいたのですが、そんな必要もないくらいにわかりやすい。わぁい。

 

串カツ田中 食べ放題

 利用したのは、税抜き2,480円の「たこ焼き食べ放題コース」

 

 もしや、2時間たっぷりとひたすらたこ焼きを焼いては口に入れるだけの作業に没頭するのか……なんて、その日が初対面の後輩くんと一緒に戦々恐々としながら話していたけれど、さすがにそんなことはなく。

 上画像にもあるように、ちゃんと他の料理もいくつか出てきました。もちろん、看板メニューの“串カツ”も味わえたし、安心の飲み放題付き。テーブルごとに鉄板を囲んで、キャッキャウフフと料理に舌鼓を打ってまいりました。うまうま。

 宴会メニュー 
キャベツ、枝豆、ポテトサラダ、梅きゅうり、たこ焼き(食べ放題)、串5本(豚・うずら・レンコン・牛・紅ショウガ)

 

「たこ焼き」とは、戦いである

 お店に入って席に着いたら、まずはドリンクを注文。キャベツや枝豆とだいたい一緒のタイミングで飲み物が運ばれてきたら、乾杯――というところまでは、普通の居酒屋と同じでござる。ただし、ゆったりまったりしていられるのは、最初だけ。

 

串カツ田中 食べ放題

 ① しばらくしたら、鉄板が運ばれてくるじゃろ?

 

串カツ田中 食べ放題

 ② そして、ここにタコがあるじゃろ?

 

串カツ田中 食べ放題

 ③ 一緒に、生地も運ばれてくるじゃろ?

 

串カツ田中 食べ放題

 ④ 充分に混ぜた生地を、熱されたたこ焼き器に注ぎます。

 

串カツ田中 食べ放題

 ⑤ (いろいろな意味で)がんばって、焼きます。

 

串カツ田中 食べ放題

 ⑥ 上手に焼けました!!

 

 ――ってな感じです、はい。

 「焼く」過程を華麗にすっ飛ばしているのは、写真なんて撮影しているどころじゃなかったからです、ええ。西方出身の後輩くんが取り仕切ってくれてはいたものの、テーブル全員の協力プレイがなかったら、いろいろと惨事になっていた予感。熱が強すぎた説もあるけれど。

 ちなみに、たこ焼きを自分で焼いたことがない人でも自分でできるよう、各テーブルには写真付きのマニュアルが備え付けられているので安心。あれこれと焼き方を突っ込み合いながら取り掛かる、“はじめてのきょうどうさぎょう”。友情が深まりそう。……たぶん。

 

串カツ田中 コース料理

 自分たちでたこ焼きを焼いている間にも、他の料理が続々と登場。串カツはもはや言うことなし! サクサクだったりホクホクだったり、タレなしでもいける。当然、タレを付けたほうがおいしいですが! タマゴ好きの身としては、うずらがお気に入り。

 あとは、紅ショウガのインパクトが強かった。食べた後輩くんが「すげえ! 紅ショウガだ! やべえ! 紅ショウガだ!!」としきりに“紅ショウガ”しか発声できなくなっていたので、またまたー、もっと他に感想があるでしょう……と、ツッコみつつ自分も口に入れたら…………なんだこれ!! 紅ショウガだ!!! と、コントみたいなことになってた。

 

串カツ田中 ポテトサラダ

 あとは、自分で作るポテトサラダが良かった。これには一家言ある人もちらほらいらっしゃると後で知ったのですが、まさか、すり鉢とすりこぎで出てくるとは思わなかった……。まぜまぜするのが楽しい。

 結局、たこ焼きは2時間で3セット焼いたので、自分たちのテーブルでは1人15個ずつ食べた計算になります。他の料理も含めると、そこそこお腹いっぱいになるくらい。焼こうと思えば、あと1、2回分くらいはできたんじゃないかしら。

 

 飲み放題のメニューもそこそこ種類が多く、ビール、ウイスキー、サワー、カクテル、焼酎、マッコリ、ワイン、日本酒、ソフトドリンクと、ひととおり揃っておりました(ビールはプレモル)。

 たくさん食べてたくさん飲むのであれば、一般的な居酒屋チェーンと比較しても見劣りしない、コスパで考えればむしろ良い部類に入るんじゃないかと思います。比較対象にもよりますが。

 何はともあれ、和やかな雰囲気ながら鉄板に立ち向かう協力プレイもこなすという、とても楽しい飲み会でございました。季節も季節ですし、次はどこかで鍋をつつきたいな。ごちそうさまでした! 予約は下記「店舗情報」からどうぞ。

 


 

 ほかの「食べ放題」として、1,500円で焼き鳥を食べまくれる『焼鳥の鉄人』や(関連:激安1500円!『焼鳥の鉄人』は食べ放題・飲み放題付きでこの値段、大量のしゃぶしゃぶに埋もれられる『しゃぶ通』もおすすめですよ!(関連:しゃぶしゃぶ食べ放題!銀座『しゃぶ通』で鴨・牛・豚と日本酒を味わう

 

店舗情報・予約

 

関連記事