ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

「ひさしぶり。はじめまして。」

f:id:ornith:20150917184711j:plain

 

 挨拶いろいろ。出会いもいろいろ。関係もいろいろ。

 

 

「ひさしぶり。はじめまして。」

 これまで20年ちょっと生きてきた中で、こんな挨拶をした記憶は他にありませぬ。

 

 ――いや、だって、おかしいでしょう。相手のことを知っていて、これまで会ったことのある人に対して使うだろう第一声、「ひさしぶり」。そのあとに続くのが、初対面におけるお決まりの文句、「はじめまして」だなんて、わけがわからない。

 こんな挨拶を使うケースを考えたら、それこそスピリチュアルな方向に持っていかざるをえないじゃないっすか。「やあやあ我が同胞よ、前世以来――100年の久方ぶりだね」「おうおう貴君であるか、今世ではお初にお目にかかる」なんて。限りなく怪しい。

 もちろん、僕はそのように前世の記憶を持っている人間ではないし、かと言って、タイムリープを繰り返すどこぞのマッドサイエンティストでもなく、閉ざされた寒村でお祭りの夜に殺される運命を背負ったボクっ娘でもなく、ほむほむでもござらぬ。にぱー☆

 

 じゃあどういうこっちゃねん。

 

 ――単純な話です。先日の某イベント会場で出会った人が、過去にブログを運営していて交流のあった人であり(現在は閉鎖)、なおかつ彼と僕がリアルで顔を合わせるのが初めてだったという話。

 そこで自然に出た“挨拶”が、これでした。
 「ひさしぶり。はじめまして。」と。

 ――いや、実際のところはもっとしどろもどろでしたが。「あっあっ!○○さん!?知ってます知ってます!お久しぶりでs……あっ、違うや、リアルでは、はじめまして、ですねっ!おうふwww」って感じ。なにこれキモい。

 

「ネット」「リアル」「友達」「知り合い」で規定できない関係性

 ブログやネット上でつながった人と現実世界で顔を合わせ、会って話をするようになって、およそ1年半。世代に関係なく、いろいろな人と話をする機会があったけれど、たびたびこの手の一風変わった“出会い”があるのはおもしろい。

 高校生の頃からモバゲー、mixi、Twitterと各種SNSを使ってきて、いわゆる「オフ会」に参加することは何度もありました。最近では、そのつながりの友人の結婚式二次会に参加するという出来事もあったり、もはやネットとリアルの境界はあってないような。しゅごい。

 

 

 しかし一方で、そういったSNSでつながった「趣味の友達」とは異なり、ブログを経由してつながった人たちって、「これだ!」という言葉で言い表しづらいんですよね。少なくとも、前者のように「ネット友達」というカテゴライズにはならない。

 何度も会い、すっかり「顔なじみ」になった相手もいるにはいるのだけれど、「友達」と定義できるかは怪しいところ。お互いに敬語だし、どこぞへ遊びに行くようなことも少ないし、たまに飲みながら話したり、イベントで挨拶するくらいが関の山。

 

 かと言って、まったくの「他人」だということもなく、強い親近感は(自分の場合は)持っているのですよ。ちと具体的な言葉にはしづらいけれど、「ネット」や「ブログ」という文脈があるためか、世代が近いせいか、はたまたどこか似通った空気をまとっているからか。

 強いて言えば、「ブログ仲間」とか「Twitter友達」とか、そういったカテゴライズになるのかしら。「友達」だとピンと来ないけれど、「仲間」という言い回しならまだわかる。……と考えるとやっぱり、ネット・ブログという共通の“文脈”の存在が大きいようにも思います。

 

 

 でもぶっちゃけ、「友達」という分類ですら人によって基準の異なる曖昧なものだと思うので、無理にあれこれカテゴライズする必要はないんじゃないか、というのが正直なところ。

 お互いにそこそこ心地よい関係性が築けているなら、それでおk。それ以上に踏み込むか否かは、その都度考えればよかろうもん、と。特定の組織や集団に属しているわけでもなし、ユルくふんわりとつながれるネットならではの関係性は、嫌いじゃない。むしろ大好き。

 

 けれど、そういった「ネット」と「リアル」を行き来する関係性を持つと、そこに生まれてしまう特有の“文脈”もあるように感じる。つながっている間柄同士でしか感じられない「空気感」と、お互いを知っているからこそ読み取れる「言葉」や「前提」と。

 ただでさえ、“目に見える”情報が少ないインターネット。あえて言わないようにしている言葉・情報を常に想像する……なんていうのは無茶だけど、第三者から“見えるモノ”と“見えないモノ”があるという意識は、少なからず持っておく必要があるんじゃないかな、と思います。

 

 また、本名だろうが匿名だろうが、やたらと他人を煽るような発言をするなどして燃え上がっている現場は、ネット上ではたまに見られるもの。時には「うわぁ……」と軽く引いてしまうような人もいますが、実際に会ってみると、九割九分九厘はフツーの“良い人”なんですよね。

 最近、多くの人とリアルで顔を合わせて話を聴くようになったことで、そういった人の多くはネットの熱に“あてられている”だけなんじゃないかと考えるようになりました。感情本位で発言した結果、うっかり火傷してしまったような感じ。計算的にそうしたことをしている人は別ですが。

 

 個々の発言が問題視されるのは当然だとは思いますが、少なくとも、会ったことも話したこともない相手、特定個人の人格否定に結びつくような悪口をネット上に書くのは避けたほうが良いのでしょう。

 批判をするにしても愛がなく、皮肉にもネタにもなっていない個人名を出した「陰口」は不快なだけですし、日頃からそうした発言をしている人と関わろうと考える人は少ないのではないかしら。金輪際、リアルで顔を合わせる機会がないとも断言できませんし、ネット上で好き勝手をしすぎるのはちと怖いっす。来世で会うかも!

 

 何はともあれ、僕はそういった「よくわからんネット発の関係性」が好きなので、ネットではネットで、リアルではリアルで、楽しくやっていけたらいいな、と思ったのでありました。人見知りで顔色を窺ってばかりだけど、楽しい。付かず離れず、ほどほどの関係。

 

 

関連記事