ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

中村佑介さんが語る、作品の良し悪しを超える「感動」の作り方

 

 東京藝術大学の学園祭、「藝祭2014」の中で開催された、中村佑介*1さんのトークショーに参加してきました。

 中村佑介さんと言えば、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、『夜は短し歩けよ乙女』『謎解きはディナーのあとで』などの書籍の表紙も手がけるイラストレーター。

 

 

 僕自身も、中学時代にアジカンのCDからその存在を知って以来、“名前と絵柄が一致する”数少ないイラストレーターとして、好きなクリエイターさんの一人です。

 最近は、Twitterでも精力的に活動されており、イラストレーターを志す人への助言や、イラストに限らない、広い意味での「創作物」に関する持論を展開されることもあり、学ばせてもらうこともしばしば。……まあ、僕は絵は描けないし、描かないんですけどね!

 



 自分の知り合いが藝大で何かモニョモニョやっているということで、イベント内容を調べていたところ、たまたま、中村さんのトークショーが目に入りまして。

 こりゃあ行くしかあるめえ! と。絵描きでも創作者ですらない一般人ではありますが、興味があったので、お話を聞きに行ってきました。本記事ではその中から、個人的に共感した、印象的だった、勉強になった点などを、軽くまとめておこうと思います。

 

 

正攻法をぶち破る、インターネットの存在

f:id:ornith:20140906162322j:plain

「今日、来るの怖かったっすよ!だって、藝大だよ?最高峰だよ?ゴールだよ!?もうエンディングテーマ流れちゃってるもん!!」(※意訳)

 

 という、軽口?から始まったトークショー。

 それまで、Twitterでの呟きを読んで感じていた、「文章力が高くて主張もしっかりしていてポテンシャルの超高いスーパークリエイター」といった印象をぶっ壊され、終始、軽妙な語り口で、楽しんでお話を聴くことができました。

 

 そんな中村佑介さん。当たり前と言えば当たり前ですが、最初っから人気イラストレーターだったわけではなく、大学の卒業後3年くらいは、“1日1個カレーパンを食べて、台所の水道で頭を洗う”ような生活だったそうです。

 大学の先生には、「自由に描きすぎていて、これは“イラストレーション”ではない」と指摘される一方で、「でも、おもしろいから続けるべき!」とも言わしめたそうで。当時から、中村さん自身は、“言葉のない1コマ漫画”のような感覚で、作品を描かれていたとか。

 

 イラストレーターになるには、どうすればいいか。正攻法だと、「東京に出る」「ポートフォリオを持ち込む」といった形が主流だったようですが、中村さんはそこで、まだ普及段階だったインターネットに目を付けた。

 中村さんが大学生だった頃は、ダイアルアップ接続で「ピポパポ...ピーガガガ!」なんてやっていた時代。「エ口動画も画面ちっさいよ!ほとんどモザイク!RealPlayer!」(※意訳)と仰っていましたが、僕には辛うじて伝わるものの、現役の学生さんは分かるのかしら……。

 

 当時、そんなネットを使って活動していたイラストレーターとして、コザキユースケ*2さんの名前を挙げていました。最近の作品ですと、漫画『どーにゃつ』の執筆や、ゲーム『ファイアーエムブレム 覚醒』のキャラクターデザインをされていますね。

 彼のように、インターネット上で自らの作品(=イラスト)を公開し、そこから仕事をもらえないだろうか。漫画家のように、こちらから編集者へ持ち込み(=営業)をするのではなく、“あっち”から来てもらえるようにならないだろうか。そう考えたそうです。

 

 今となっては、イラストならpixiv、動画・音楽ならニコニコ動画などのプラットフォームがありますが、当時は個人サイトを運営し、管理人同士で直接的に交流していたような頃。

 ですが、その分、ホームページを作る人も少なく、そこで何かしら「おもしろいこと」をやれば、自然と繋がれるような時代だった、とも話しておりました。僕は「消費者」側の人間でしたが、BBSでの交流と“内輪感”の楽しさに身を投じていた時期もあったので、なるほどなー、と。

 

 具体的には、自分のホームページをゲームの「街」のような形に構築して、「イラスト集」「掲示板」といった分かりやすいメニューを設けるのではなく、家の中に入り、部屋に入って、そこでようやくイラストが見れる、といった、“遊び”のある作りにしていたそうです。

 この、“絵に興味がない人も楽しめる”要素を盛り込むというのは、このトークショーで一貫してお話されていた要素のひとつであり、特に印象的だった部分でもあります。

 

「自分のよく知っているもの」を描く

 中村さんの作品の特徴と言うと、細い線による緻密な表現だとか、はっきりした色合いだとか、いろいろ考えられると思いますが、モチーフに“日本っぽいもの”が多いこともひとつ、挙げられます。

 

 現在のpixivのランキングに入ってくる作品や、広告のデザインなどを見ると、“和風”のイラストは今や当たり前に見受けられるものではありますが、中村さんが大学を卒業された当初は、ほとんどその手のデザインはなかったそうな。

 曰く、和風のイラストや京都などの“日本っぽい”ものは「古臭く」「ダサい」存在であり、それゆえに作品展などでもまーったく評価されなかった、と。「あの頃、僕を落とした人からの仕事は、全部断ってる!」とも仰っておりました。いいぞ!もっとやれ!

 

 それでも、なぜ自分の画風を崩さなかったかと言えば、それが、「自分のよく知っているもの」だったから、との話。大阪とか、日本らしさとか、田舎とか、「そのとき、自分が持っている環境をフルに出す」ような作品作りをされていたそうです。

 

 文章でもそうですが、自分の知らないものについて語るのは難しいし、どこか嘘臭くなってしまうもの。

 それが視覚的な「絵」ともなれば、資料がなければ描けないし、細部とその構造まで理解する必要が出てくることもあるでしょう。“田舎の人間が、東京タワーのある風景を描くのは難しい”、と。

 

 これは、文章を読んでいても感じることなので、強く納得させられました。 同時に、「ものづくり」のヒントとなるものなのではないか、とも。“現在の自分を、全力で表現する”ことの大切さ。

 

「良いか悪いか」ではなく「見る価値があるかないか」

 「日本人の絵を見る感性はあまり信用していない。日本人は“言葉”が好き」

「自分の快楽を求めて生きてはいない。褒められることを求めている。絵を描くのはめんどくさい」 

 

 といったことも仰っておりましたが(※意訳)、この辺りの話が特に面白かった。

 「ほら、クラスにいたじゃないですか、むちゃくちゃ細かい迷路を何ページも書いて、みんなに『すげー!』って絶賛される奴」という話題から始まって、

 

「僕の描いたキン肉マンよりも、細かい迷路の方が褒められる」
         ↓
上手い・下手、好き・嫌いを超えるものがあるんじゃね?
         ↓
面倒だけど、「すげー!」と思わせる作業を追加しよう!

 

 とすることによって、“絵が分からない”人でも楽しめる作品ができあがるんじゃないだろうか、という考えに至ったそうです。もちろん、大前提として、“分かる”人にも楽しめる要素が盛り込まれていること。プロの仕事ですね。

 

 “分からない”人を感動させる要素のひとつとして、作品の「緻密さ」には、間違いなく「すげー!」と感じさせる力があると思うんですよね。

 僕自身、絵画に興味のなかった頃、親に連れられて美術館に行き、退屈に感じていたことがありました。何がいいのか分からないし面白くも何ともない、ただのデカい絵じゃないか、と。でも、ふと目に入った、とある版画作品のあまりの細かさに見入った記憶が、今も残っています。

 

 作品の「良し悪し」は、その基準を知っている人にしか分からない。けれど、何も知らない人にも「おお!?」と何かしらの感慨をもたらし、びっくりさせられるような、そんな作品作りもできるのではないか。

 その「価値」を付与させるため、中村さんはいつも、“めんどくさい”作業を進んで取り入れているそうです。ものっそい細かい書き込みを追加するとか、絵の具を使ってひとつひとつ塗り切るとか。

 

 トーク中、実際に中村さんの生原画(!)が各テーブルの列に配られたのですが、やはり、素人目にも「すげー!」と思わせる迫力でした。ってか、そもそもアナログなんすね……パねえ。

 

f:id:ornith:20140906162317j:plain

 

 各列で別々の原画が回されていたようですが、僕のところへは偶然にも、アニメ版『四畳半神話大系』Blu-rayBOXのジャケットイラストががががが!

 いやはや、感動モノでございました。「写真撮影おっけー!」とのことでしたので、全力でパシャパシャさせていただきました。ごちそうさまでした。

 

f:id:ornith:20140906162319j:plain

 

f:id:ornith:20140906162321j:plain

 

 トークショーでの他の話題としては、

  • 大学の同級生でもある、漫画家、石黒正数*3さんとの関係
  • 「画風が似ている」と言われがちな、カスヤナガト*4さんについて
  • さだまさしさんのベストアルバムのジャケットイラストの制作過程
  • 男女の「絵の好み」の違い(有機物or無機物)


 などなど、ひっじょーにおもしろいお話が盛りだくさんでした。

 そして何より、2時間という長さながら、グダることもなく、楽しかったです。各地で頻繁にトークイベントを開催されているそうなので、また機会があったらぜひぜひ参加してみたい、そう思わされるくらいには。

 

 楽しく気付きの多いひとときを、ありがとうございました。
 また、藝祭実行委員のみなさん、お疲れさまでした。

 

 藝祭全体としても賑やかで、一人でぶらぶらするだけでも見るところいっぱい、おいしいものいっぱいで、とても楽しかったです。来年も行こっと

 

f:id:ornith:20140906162323j:plain
Twitterでも話題になっていた、デザイン科のカワウソ神輿。すごい質感。

 

 

関連記事