読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

書評ブログのススメ!読書の習慣化、アウトプット、小遣い稼ぎに

f:id:ornith:20130210162659j:plain

 ブログのネタがない?それなら、本を読めばいいじゃない!
 ブログを「書き続ける」ために、読書を「習慣」とすることのススメ。

 

スポンサーリンク
 

 

「ブログ」と「読書」を双方向的な動機付けに

 ブログを長く書き続けるための方法として、それを「習慣」としてしまうことがひとつ、考えられます。食事をする、会社・学校へ行く、寝る――と、そこまで必須の習慣とまではならなくとも、自然と一日の生活の中にハマっている、ひとつの“お約束”的な活動。

 ブログを「習慣」化するには、どうすればいいか。最も簡単なのは、既にある日常生活の「習慣」を、ブログの記事とすることなのではないかしら。生活に密着したグルメネタ、写真ネタなどは、長く続いている印象がありますし。

 

 その、ネタとする「習慣」のひとつとして、僕は「読書」をおすすめしたいんです!もちろん、本に興味がない人には、無理に勧められるものではありません。

 でも、普段から読書の習慣をつけたいと思いながら、諸々の理由でできていないという人は、意外といるのではないでしょうか。時間がないとか、本が選べないとか、途中で飽きてしまうとか。

 

 そこで、ブログです。最初はあまりやる気が出ないかもしれませんが、本を読んで、感想をまとめて、書評記事として投稿すること。ブログへの投稿をゴールとして、読書を習慣づけるための動機付けとしてみるのです。

 そのときに話題の作品はもちろん、ちょっとマイナーな本でも、ある人の「感想」というのは、少なからず需要のあるもの。Amazonのレビューやブクログ読書メーターなどのサービスもありますが、あまりガッツリとした感想はないので、判断が難しい。

 

 そんなときに、個人ブログの感想記事というのは、本を選び、本と出会う、ひとつの指標となり得るのではないでしょうか。少なくとも、僕はかなーり参考にしています。

 そのような書評記事ならば、読んでくださった人からも反応が来やすいし、自分なりの書き方、「型」を決めてしまえば、非常に書きやすいコンテンツとなります。読書を続ける限り、ネタには困らないし、結果、ブログも続けられる、という好循環。

 “ブログのネタ”のために読書をし、“読書の習慣付け”のために書評記事を書く。互いが互いに動機付けとなって、ブログの更新と読書、両方を習慣化することができれば、一挙両得なのではないかしら!(読書に限らず、他の行為に関しても同様ですけどね!)

 

「感想」を記事としてアウトプットする

 「書評」と言われると、ちょっと敷居が高いイメージがあります。専門家でもなければ、読書家でもない。そんな自分が、人様の本を評価するなんて……あばばばば。

 その点については、深く考えることはないと思います。記事を読む側も、そんなに肩肘張って読んでいるような人はいないでしょうし、個人ブログの記事を「参考」にしても、鵜呑みにするような人は少ないはず。ならば、こちらも気楽に書けばいいのです。

 「書評」という言葉に違和感があるのなら、「感想」として考えればいい。自分の読んだ本について、考えたこと、感じたこと、学びになったこと、心を動かされた部分などを抜粋し、自分なりにまとめ上げた、ひとつの印象として。僕はいつも、そのつもりで記事を書いています。

 

 ただ、せっかく自分の感想をまとめるのなら、その記事を読んだ人の参考となるような内容にしたい!そう考えてもおかしくはないでしょう。

 感想記事の書き方は、人によって結構違いがあり、それぞれ別の魅力や伝え方があるように思います。読者を意識した書き口にすることは大切だと思いますが、もうひとつ、考え方として、未来の自分が読むことを前提としてまとめてみるのも良いかもしれません。

 後で自分が読んでみて、その内容が伝わるような文章・構成。本の内容を小分けにして、章ごとに要約をまとめてもいいし、特に心動かされた部分に注力して、そこで感じたことを最大限、魅力的に伝わるような表現でまとめてみてもいい。

 

 感想ひとつ書くにしても、人によって書き方は変わってきますし、そもそも、その対象となる本から得ることもばらばらです。だからこそ、他人の書く書評記事はおもしろい。

 まずは、自分なりに感想をまとめることを習慣づけて、自分が書きやすく、読者には伝わりやすいような「型」を見つけること、でしょうか。もしくは、自分の好きな書評ブログさんの書き口を参考にしてみることで、学べる点も多いと思います。

 

書評記事でお小遣い稼ぎ?

 自分のブログにアフィリエイト広告を載っけている人もちらほらいるとは思いますが、ぶっちゃけ、書評ブログって儲かるの?という疑問。どうなんでしょ。

 本が好きで、熱心な読者さんがたくさんついているようなブログであれば、おそらく、結構な額を稼げているんじゃないかと思います。

 ――が、ノンジャンルの記事の中で、ひとつのコンテンツとして「書評」を書いているブログに関しては、お小遣いの範疇を超えないんじゃないかしら。……はい!私です!

 

 このブログでは過去に、本一冊ごとの単発記事としては、40冊ほどの感想を書いてきました。よくある、「おすすめ本◯冊!」とか「お気に入り◯選!」は除いて。それらの記事で紹介することで、どれだけの本が買われたのかと申しますと……特に売れていたのは次の記事です。

 

 

 どれが何冊とは書きませんが、少なくて20冊、多くて60冊、といったところ。言うまでもなく、アクセスが多ければ多いほど、そこから買ってくださる読者さんは多いですが、何よりも、Kindle版があるかどうかが重要であるようです。

 さらに、そのKindle書籍がセール中であれば、購入率は跳ね上がります。電子書籍とKindleストアの性質上、ワンクリックで安く購入、その場ですぐに読めるという障壁の低さは、やはり大きい模様。

 

 あとは、塵も積もれば何とやら。過去に書いた記事についても、検索からアクセスしてくる人によって購入されることで、数円、数十円単位ではありますが、ちょくちょく紹介料が発生しています。ありがたやありがたや。

 書評に特化した大手ブログであれば、これ以上、というか文字通り、“桁違い”に売れているのかもしれませんが、ちょろっと感想記事を書くくらいでは、こんなもんです。いっつ・あ・おこづかい。

 

 ――とまあ、書評で稼ごうなんていうのはむちゃくちゃ難しいイメージがありますが、元来の本好きさんであれば、その本の感想をまとめて、ちょっとしたお小遣いが入ることで、次に買う本の足しにはなるかと思います。

 前半に書いたように、それを習慣化すれば、ブログを続けるモチベーションにも繋がるはず。万人におすすめできる考え方ではありませんが、少しでも「読書」に興味があるのでしたら、ぜひ試していただきたい。少しでも、書評ブログが増えたらいいな!

 

 

関連記事