読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

『焼鳥の鉄人』は1500円で食べ放題&飲み放題!?

焼鳥の鉄人

 新宿で、焼鳥に溺れて参りました。
 腹パンでござる(※腹がパンパンの略)。

 

スポンサーリンク
 

 

ちっちゃめの店内でまったりと……?

焼鳥の鉄人
焼鳥の鉄人&しちりん炭火焼 鉄人

 このたび突撃してきたのは、『焼鳥の鉄人』さん。
 都内に系列10店舗ほどが存在するうちの、新宿通り店でございます。

 初めて入るお店だと思っていたのですが、サイトをよく見たら、学生時代に何度か下北沢店にお邪魔したことがあった模様。微妙に名前が違って、そちらは『しちりん炭火焼 鉄人』だそうですが。な、なにが違うんだろう……。

 

焼鳥の鉄人

 サイトの店舗情報を見てもらえばわかりますが、お店はこじんまりとした内装。カウンター席と、周囲にいくつか設けられた2人用テーブル席がいくつか。計25席という小ささです。

 

 だが、それがいい。

 

 大衆居酒屋でひゃっはー! うぇーい! なんてやるのも嫌いじゃないけれど、まったりと肉を摘みつつ酒を飲むには、このくらいがちょうどいいんじゃないかしら。

 ……なーんて思ってたら、ぜんっぜんまったりする余裕はなかったんですけどね!

 

1500円だけ握りしめて来い!

 さて、先ほどの公式サイトの画面と、店舗外観をご覧いただくと、妙に目立つ謳い文句がどーん! と前面に押し出されていることがわかるかと思います。

 

焼鳥の鉄人 1500円

 

 そうなのです。こちらの『焼鳥の鉄人』さんには、1,500円を最安値とした、焼鳥食べ放題&飲み放題のコースがあるのです。ただの“放題”ではありません。――もう一度書きましょう。

 

 肉と酒とを含めた「食べ放題 + 飲み放題」です。
 これは、むちゃくちゃお得な部類に入るのではないでしょうか……?

 

 コースは、こちら↓の表のとおり。
 この中から、時間とコースを選択します。

 

焼鳥の鉄人 メニュー

 一番安いのが、70分の「鉄人コース」。
 僕らは今回、こちらを選びました。

 「70分は短すぎる!」という人には、100分、130分のコースもあります。

 また、それぞれにプラスアルファの金額を支払えば、選べるお肉とドリンクのメニューが増える形です。ビール党の方は、こちらの「匠コース」を選択しないと飲めませんので、要注意ですね。

 

焼鳥の鉄人 メニュー
コース別メニュー。公式サイトで確認可能です(※PDFファイル)。

 上半分の赤枠が「鉄人コース」となっており、「匠コース」にすれば、すべてのメニューから選べる形になります。

 「匠コース」でないと注文できないメニューとしては、牛肉類、ロース、ハラミ、キノコ類など。ドリンクでは、ビール、果実酒、日本酒、カクテルを飲みたいという人は、忘れず「匠コース」を選択するようにしましょう。

 今回は初来店、しかも遅めの時間だったので、迷わず「鉄人コース」を選択。無職の財布にはありがたい価格設定でござる。席料もなし! 消費税込みで、1,500円ぽっきり!

 

時間との戦い

 コースを選択して、最初の一杯を注文し、いざ、バトルスタート。

 最初に運ばれてくるメニューは、日替わりの3種盛り合わせ。

 店員さんがそれをテーブルに置いた瞬間から、時間のカウントが始まります。いざ、戦闘開始。……と、相方はその間にも、既に1杯目を飲み終わっていた模様。はやいよばかー! 失速しても知らないよ!

 

焼鳥の鉄人
盛り合わせの写真を撮り忘れたので、続いて注文した、喉軟骨とニンニク他。

 そして、ここで重要になってくるのが、この店のルールです。

 

焼鳥の鉄人

 よくある交換制ですが、肉は一人3人前ずつの注文となります。

 

 つまり、少しでもタイムロスを避けようとするのなら、皿を空っぽにしたら、すぐにフルで注文する必要があるわけで。僕らは2人で来ているので、一度に6人前っすね。

 テーブルでは肉を焼き、焼けた肉をかっこみ、皿を空にした段階で即注文! ――というテンポで、肉に食らいつく格好。しかも、自分は写真撮影をこなしながらの戦いなので、片手にデジカメ、片手に箸という慌ただしさ。まったく、「まったりできそう」とか言ったのは、どこの誰かしら。

 

焼鳥の鉄人
とにかく焼きまくる相方氏。がんばれ、超がんばれ。

 ところで、一応は「焼鳥」と銘打っている『焼鳥の鉄人』さんですが、肉は串に刺さっておらず、焼くのは見慣れた七輪。

 これ、完全に、“焼き肉” じゃないですか!

 ……あれ? でも、“焼き鳥”も“焼き肉”、だよね? ってか、焼き肉屋さんでも、“鶏肉”って、出るよね? あれ? あれれれれ?(混乱)

 

焼鳥の鉄人
時間制のため、火力も高めに設定しているのか、びっくりするほど燃え上がる。

 そんなことを考える暇もなく、次々と肉を投入してかっこみます。
 もちろん、ご飯・スープも食べ・飲み放題。
 どんどん口に入れて、食う、飲む、食う、飲む。

 

焼鳥の鉄人
最初に氷をもらえますが、1回では足りないので、ばんばん注文しましょう。

 時間も気になるところですが、男2人ならそこそこ早いペースで食べられるので、極端に焦る必要はないかもしれません。店内の混み具合にもよるとは思いますが、注文してから肉が出てくるペースは速いほうです。……その分、店員さんが超忙しそうだけど。

 

焼鳥の鉄人

 お野菜も忘れずに。こちらはニンニクですが。
 店員さん曰く、「こんがりキツネ色がベストですよー」とのこと。

 

焼鳥の鉄人
ニンニクちゃんの成れの果て。焼き栗かと。

 ……余裕ぶっこいていると、こうなる。

 通りがかりに覗きこんだ店員さん曰く、「あぁぁあぁああ、これはちょっとやりすぎですねー! うふふふふー!」とのこと。もっと早く言ってよおおお……というのも、酷ですね、はい。食べてみたら普通においしかったから、万事OK!

 ――で、最後に気を付けなければならないのがやはり、時間です。

 

焼鳥の鉄人

 この終了時間、本当に時間ぴったりで席会計&七輪撤収となるようです。肉が余っていても問答無用らしく、その点が食べログでは低評価の原因となっているようでした。

 僕らの場合は、余っていたのは先のニンニクくらいだったので、焼くだけ焼いて、お会計をしつつ、ぎりぎりまでなんとか食べることができました。すばらしいタイミングだった。

 

 気をつけるポイントとしては、ラストオーダーまで欲張って頼みすぎると、全部焼いて完全に食べきることができず、てんてこ舞いの状態で退店することになりかねないという点です。気持ちよくお店を後にするためにも、そこは意識するようにしましょう。

 食べログの口コミにもありましたが、会計15分前のラストオーダーから、5分後の肉到着と考えると、残り時間で焼いて食べきるのは難しいかもしれません。

 お店側も繰り返し念押しするようなことはなく、客側は酔っぱらいなので、お互いのすれ違いによって、少し悪印象を抱いている人が多いのではないか……と思いました。

 

 実際のところ、極端にサービスが悪いということはなく、店長さんはお店の外まで出て「またのご来店を〜!」と見送ってくださったので、むしろ好感が持てました。

 時間制ゆえの慌ただしさと緊張感はありますが、安く食べて安く飲む分には、コスパ的にもかなり良い……というか、最高だと思います。また機会があれば、肉をかっこみにいこうかと思うくらいには。

 

 何はともあれ、ごちそうさまでした!
 また、1,500円を握りしめておじゃまさせていただきます!

 

ホットペッパーでクーポンが使えるので、用途に合わせてどうぞ!

ホットペッパーグルメ 人気の飲食店予約とお得なクーポン検索
ホットペッパーグルメ 人気の飲食店予約とお得なクーポン検索
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事