ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

悩まないプレゼント選びの2つの基準と、おすすめ店舗

http://www.flickr.com/photos/26782864@N00/11518754983
photo by wwarby

 

 誕生日や記念日。親しい間柄の人へ渡すプレゼント。

 

 「何を渡したら喜ぶかな?」「どんな反応が返ってくるかな?」と想像しながら、お店でするプレゼント選びを楽しく感じる人はたくさんいるでしょう。

 でもその一方で、贈り物をすることが作業となっている人や、毎回違うものを選ぶのに時間を取られるのが嫌だったり、辟易したりしている人もいるのでは。

 

 良くも悪くも、プレゼント選びは悩みのタネ。どうせ贈り物をするなら、相手に喜んで欲しいけど、無駄に時間をかけて選ぶのもちょっと。

 相手との関係性によって、渡すプレゼントの「重さ」、相手がそれをどう感じるかを考慮する必要があったり。それ以前に相手から贈り物をもらっている場合は、その時のプレゼントの価値と釣り合うものを選ぶ必要があったり。自分の経済状況と相談する必要もあったり。

 

 贈り物ひとつ選ぶにしても、意外と検討する事情は多くて、あら大変。さらに、時間をかけて選んだからといって喜んでもらえるとも限らず、一度も使われずに押し入れにGO!なんてこともありえる。ぶっちゃけ、めんどくs……ゲフンゲフン。

 

 どうすりゃいいんだべ?

 

 

自分なりの「基準」を決めてしまう

 単純な話、「プレゼント選び」に関して、自分なりの基準やルールを決めてしまう、というのがひとつの手かと思います。

 毎度毎度、相手が好きそうなものをリサーチして、その人がそれを持っていないことを確認して、どこで手に入るか、在庫はあるかどうかを問い合わせて、自分のお財布と相談して……なんてやるのは大変。

 

 もちろん、お世話になった人へのプレゼント選びに全力を尽くすのは悪くない。でも結局、相手がそれを受け取って喜ぶかどうかなんてのは、その時にならないと分からないわけで。

 その過程、ドキドキ感を味わうのも楽しいものですが、いかんせん、社会に出てしまうと、そこまでする時間がない人は多いんじゃないかしら。どうしても、ある程度の妥協は必要になってくる。

 

 なので、まず考えるべきはその妥協点。家族や恋人、職場の先輩や友人知人、関係性のあるすべての人に対して、等しく全力を尽くしてプレゼントを考えるのかどうか。それが無理なら、時間的・金銭的にどこまで妥協できるか。

 ぐだぐだと時間をかけてプレゼントを選んで、結局思ったものが見つからず、中途半端なものを渡してしまった、あるいは渡せなかった……なんてなるくらいなら、あらかじめ自分なりの基準を持って、スパッと決められるラインを設定しておいた方がいいように思います。

 

基準①:価格(価値)

 ひとつめの基準としては、まず何よりも「価格」
 先にも書いたように、渡す相手やその場面、状況によっても変わってくるものかと。

 

 「相手」という視点で見れば、その関係性。お世話になった先生や先輩であれば、自然と価格設定も高めのものを検討するようになるだろうし、ちょっとした顔見知り程度ならば、安価なもので済ませてしまうのも選択肢の内に入る。

 「場面」によって、贈り物の性質も変わってくる。結婚祝いや引越し祝いなら、新生活に当たって使えそうな、実用的なものが選択肢として挙げられるし、卒業祝いや記念日のプレゼントなら、それまでの思い出を詰めたアルバムだったり、写真だったり、というのも考えられる。

 自分、もしくは相手の経済「状況」も重要です。自らが休職していたり、大きな出費の後だったりした場合は、あまり高価なものを贈ることは難しい。また、相手の経済状況が芳しくないような場合では、既成品よりも金券などの方が好まれるかもしれない。

 

 これらの状況に応じて、渡す贈り物の価格を先に決めておくと、選択肢をある程度は狭めることができる。そうすれば、時間をかけず、余計な迷いを捨てて、プレゼント選びに専念できると思います。

 僕なんかは、今現在は無職(=経済状況やばし)で、贈り物をする機会も友人の誕生日くらいのものなので、プレゼントは“ちょっとしたもの”と決めてしまっています。具体的には、1000円くらい。それで良いものが見つからなければ、最高でも2000円前後、と。

 

基準②:店(ジャンル)

 もうひとつの基準は、贈り物を探す「店」、あるいは商品の「ジャンル」“なに”を買うか“どこ”で選ぶか、といったプレゼントの選択肢を、先に決めた範囲に絞っておく形です。

 

 もちろん、渡す相手の趣味嗜好を把握しており、「あの人にはこれだ!」という確信があるのなら、選ぶのも難しくはないと思います。

 ただ、中には、“好みを知らない人”や、“興味関心が広すぎる人”などにプレゼントを選ぶにあたって、悩んでしまうケースもあるのでは。

 

 そんなときの為に、「悩んだときはここ!」というお店か、もしくは「困ったときはこれ!」という商品ジャンルを決めておけば、選択肢の範囲がかなり限定されて、選びやすくなるんじゃないでしょうか。

 

 例えば、ノンジャンルの総合雑貨店。学生時代は、「困ったときはハンズかロフトへ行け!」が合言葉になるくらい、誕生日プレゼントを選ぶときは頻繁に利用しておりました。

 店を決めてしまえば、あとはその店内から、プレゼントを渡す“その人っぽい”商品を探し出すのみ。料理好きならキッチン用品、健康志向ならフィットネスグッズ、アウトドア系ならその関連雑貨……などなど。

 

 最悪、ドンキなんかでよく見るパーティーグッズという「ネタ」に走る手段もあるけれど、それは本当に最後の手段。贈る瞬間にウケればいいけれど、シラケることもあり、無理に合わせる場合もありの、一発勝負の博打打ち。

 普段がいじられキャラだからって、そんなもの贈られても使わないっすよ……どうしろって言うんですか……。いじめなの?みじめなの?(泣)

 

こんなお店はどうでせう?

 というわけで、プレゼント選びに困ったときのための、個人的におすすめな店舗を独断と偏見で!有名どころ、都内の店ばかりなので、あまり参考にはならないかと思いますが。

 

東急ハンズ

f:id:ornith:20140529170719p:plain

 

 おなじみ、困ったときのハンズさん。郊外地立地型の“ホームセンター”と比べると、どちらかと言えば“総合雑貨店”のイメージが強い昨今。

 都心の店舗であれば、階層ごとにジャンル分けされているので分かりやすく、そこから絞って選ぶのもあり。ただ、最近は季節に合わせた特設コーナーや、一風変わった商品の紹介なども頻繁に行われているので、そちらから探してみるのもいいかも。

 

ヴィレッジヴァンガード

f:id:ornith:20140529173707p:plain

 

 サブカル臭がぷんぷんするヴィレヴァン。割と「ネタ」系の商品で溢れかえっている印象が強いけれど、その本質は“複合型書店”。店舗ごとのカラーもあるので、結構「おっ?」と思うものが目に留まることもある。

 店内スペースの大半を占める雑貨から選ぶのもいいと思うけれど、僕の感覚としては、書籍やCDの「掘り出し物」が見つかる場所だと思ってる。

 一般的な書店やレコード店には置いていない、と言っても、同人や自主制作ほどのどマイナーでもない、“知ってる人は知ってる”くらいのアーティスト・作品が発見できる感じ。その辺のジャンルが好きな人ならば、「なにこれええやん!」と喜んでくれるかも。

 

代官山 蔦屋書店

f:id:ornith:20140529174702p:plain

 

 多くの大人が口を揃えて「心地が良い」と評する、代官山の蔦屋。“大人のための文化の牙城”とサイトで打っているように、他の書店では見られない品揃え。

 店内のスタバで商品を読むことができたり、ラウンジで食事をするこもできたりと、施設そのものをお客さんが楽しむ、一種のアミューズメントパークとも言えるけれど、贈り物選びにもおすすめできるかと。

 

 書籍なら、建築やアート、クルマなど。CDなら、ジャズにクラシック、ロックにポップスとなんでも。それぞれのジャンルごとに独立しており、厳選された世界の「文化」が揃えられている。

 各カルチャーに造詣の深い人への贈り物を探すのであれば、専門店を除けば、ここを置いて他にないんじゃないかしら。

 

日本百貨店

f:id:ornith:20140529171451p:plain

 

 ここ数年、自分の中で熱いのが、日本百貨店さん。ふらっと立ち寄って自分で欲しいものを買うこともあるし、プレゼント選びで訪れることも多い。

 「日本全国からモノづくりにこだわった職人の手による商品を集めている」ということで、陳列された商品はすべて、社長さんと社員さん自らが全国を巡って厳選したものらしい。

 食器に食品、生活雑貨に文房具、服飾雑貨など、取扱商品は様々。そのどれもが、あまり他の雑貨店では見られないものなので、プレゼントとして贈ると、珍しがられることが多いですよ。

 

Hacoa

f:id:ornith:20140529172251p:plain

 

 オリジナルの木製雑貨を取り扱うブランド、Hacoaさん。デザインから製作、販売までを一貫して行なっており、木製の商品の多くはどれも微妙に異なる一点モノ。

 時計、メッセージボード、カードケース、印鑑ケースなどのステーショナリー、インテリアを始め、外装すべてが木の“木ーボード”やマウス、USBメモリなど、PCまわりの商品も。

 レーザー刻印による名入れ、イラストを入れてもらうことも可能なので、プレゼントにはぴったり。商品によっては少々お値段が張るので、僕はまだあまり利用する機会に恵まれてはいませんが。

 

 

関連記事