ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぼくら社(id:bokurasha)さんへ遊びに行ってきた!

 やっはろー!最近は、マクドの100円コーヒーが友達な僕です。先日、スタバのバナナなんちゃら*1に浮気しようとしたら、どこへ行っても売り切れでした。ちくせう。やはりマックか。

 

 そんなある日。いつものようにマクドでほげーっとしつつ、友達の少ないTwitterでひたすら独り言を呟いていたところ、ひとつのリプライが飛んできました。

 

 

 !?

 

 こ、これは!いつもブログを読ませていただいている、ぼくら社Blog(id:bokurashaの中のお人じゃないですかー!なんかべた褒めされちゃってなにこれ怖い。ままままてあわてるなまだあわてるようなじかんじゃばばばばば

 こんな無職ダメ男に声をかけるなんて、きっと何か裏があるに違いない!ぼくはだまされないぞお!と思いつつ、ぶるぶる震えながら返信をば。

 

 

 ――よし!これでだいじょうぶ!何がだいじょうぶなのか分からないけどだいじょうぶ!

 そして、好きな女の子を相手に言葉を選んで話すような慎重さでやり取りを続けた結果、本当にお邪魔させていただくことになりました。これが……恋!?わぁい!やべぇ!

 

 そんなわけで、遊びに行って参りました。

 

 

「ぼくら社」ってどんな会社?

 そもそも、「ぼくら社」さんがどういう会社なのかと言いますと。

 

 ぼくら社さんは、月に1冊、本を出している出版社。半年ほど前から、はてなブログでブログの運営を始められており、社員のみなさんが日替わりで記事を投稿しておられます。はてなブログ、もしくは、はてなブックマークを日常的に利用している方なら見たことがあるかもしれません。

 

f:id:ornith:20140424162951p:plain

ぼくら社ブログのブックマークページより。にゃんこの名は「ニャーチェ」。

 

 ブログの基本スタイルとしては、ウェブ上で話題になっている記事について、社員さんがライターとして突っ込みを入れていく形。僕自身も、過去に記事を取り上げていただいたことがあり、それ以来、1人の読者として購読しておりました。

 さらに、メンバーを見ると分かるのですが、企業の社長さんが多く、それぞれが違うフィールドで活躍されている方。なので、ブログの内容も非常に多岐に渡っており、全く飽きのこないメディアとなっております。

 

 僕が、ぼくら社さんを知ったのも、「はてなブログのひとつ」としてだったので、正直なところ、あまり「出版社」さんというイメージは持っておらず。出版されている書籍も、全く読んだことがありませんでした。

 

 詳しくは、ぼくら社さんのホームページ、もしくは、ぼくら社Blogを参照していただければ。

 

いざ、ぼくら社のオフィスへ!

 そんな、日々、魅力的なコンテンツを発信し続けている、ぼくら社さん。そんな会社に!無職の僕が!お邪魔させていただけるのならば!行かない手はないでしょう!!

 

 ということで、小雨の降る平日昼過ぎ。ジーンズ+ジャケットという、自分としては無難な格好で、一路、麻布へと向かったのでした。会社訪問&初対面で着物姿……というのも、さすがに悪目立ちするかと思いまして。ちゃんと自重できる僕!偉い子!

 

f:id:ornith:20140424155750j:plain

東京メトロ麻布十番駅。就活で降りたことがあるようなないような。

 

 時間は16:00という指定だったので、15:00過ぎには到着して、スタバで時間を潰しておりました。震えながら。だだだだって、企業の偉い人と会うなんて、仕事辞めて以来初めてだよ?無職ゆえに目上の人と話す機会も皆無で、コミュ力低下が甚だしい今日この頃だよ?

 ――そうだ、これは武者震いなんだ。昔の偉い人だって、こう歌っていたじゃないか。“会いたくて会いたくて震える*2”って。そうか、これは恋なんだ!ポニーテールがシュシュな感じで、切なくなっちゃうアレだ!(錯乱)

 

 向かう途中、トイレを探してさまようなんてアホなことになりながらも、なんとかギリギリ、ほぼ時間通りに辿り着けました。5分前行動?知らない子ですね。あ、でもそうか!これはデートだから、30分前行動が基本か!しまった!

 

f:id:ornith:20140424155753j:plain

ぼくら社さんの入っているビル。1階のお花屋さんが、僕の知ってる「花屋」と違ってなんかおしゃれ。

 

ニャーチェとご対面

 ビルに入り、エレベーターで上へ。生まれたての子鹿も真っ青になるくらいに膝をガクブルさせつつ、人ってこんなに揺れることができるんだ……今なら“じしん”が使えそう……でもニャーチェって絶対ノーマルタイプだよな……“でんこうせっか”使うよな……なとどポケモントレーナー的思考に陥っていたら、あっという間に到着。

 

 って、エレベーター降りたらすぐにオフィスのパターンっすか!心の準備もなしっすか!ちょっと待って今間違いなくアホ面しtくぁwせdrftgyふじこlp

 

f:id:ornith:20140424155755j:plain

短いエレベーターを降りると会社であった。

 

 中へ入ると、ぼくら社の居候ねこ、ニャーチェがお出迎え。入り口を抜けると、マスコットキャラクターが歓迎してくれるなんて、某夢の国*3と通ずるところがありますね!ならば、ここはきっと夢の国だ。間違いない。あっちはネズミだけど。

 

 頭を右へ左へ、学生時代のキョロ充*4っぷりを遺憾なく発揮していると、机に向かっていた女性社員さん?(かわいい)と、メガネのお兄さん(優しそう)が気付いてくださりました。

 慌てた僕の「あぁぁあぁほんじつおやくしょくしていたけいろーともうしむわぁあああ」などという声にならない叫びもうまく察してくださったようで、「どうぞ」とご案内していただきまして。あばばりがとうごじゃいましゅううぅう……(フェードアウト)

 

 敷居で簡易的に分けられた、奥のブースへと通されて、ちょこんと着席(かわいい)。100円コーヒーに慣れてしまった僕の舌を狂喜乱舞させるほどのコーヒーをいただき、キョロキョロとお上りさんっぷりを炸裂させつつ待機。新聞社の面接の時を思い出しますぜ……落ちたけど。

 

f:id:ornith:20140424155757j:plain

 

 と、すぐに先ほどのお兄さんが登場。こちらが、今回、僕を誘ってくださいました、ぼくら社副社長、古越幸太(@aatoku)さんでした。

 「はじめましてー」と借りてきた猫の如く挨拶をする僕。ぼくら社さんの本を2冊もいただいてしまい、さらに、ニャーチェのしおりも大量に受け取って、ありががががが!とバイブレーション。だいじょうぶ、ちゃんとマナーモードです。

 

 ……と、そこで何かに気付く僕氏。これは……。

 

f:id:ornith:20140424155928p:plain

 

 こ、これはもしやっ……!

 

f:id:ornith:20140424155929p:plain

 

 これは!古越さんが起業し、代表取締役社長を務める、株式会社ninoyaのマークじゃないですかー!!(びっくり)

 

 ちょうど昨日、ぼくら社Blogの方でも書いておられましたが、先日、Web集客のコンサルティング会社を立ちあげられたということで、ぼくら社と並行して、今はそちらの仕事もされているというお話でした。

 ぼくら社Blogの運営も、古越さんが中心となってされているそうで。その方法や、Web集客のノウハウなど、全く知識のない僕にも分かりやすいように説明していただき、とても勉強になりました。

 

Web集客と、ブログと、コンテンツ

 Webマーケティングについては、やみくもにPV数を上げ、ユーザーを集めようとするのではなく、ピンポイントで、その情報やサービスを求めている人が見つけやすいようなサイト構築をする、というお話。

 マーケティング業界では当たり前のことなのでしょうが(僕、マンガで読んだよ!)、実際の話として、人の声で聞いたのは初めてだったので。普段、アフィブログがどうのPV数がどうのという、広告収入視点での話題ばかりに触れていたため、企業と顧客、両者にとって最善のマッチングを図ろうとする試みが、妙に新鮮に感じたようです。

 

 また、ぼくら社Blogの運営方法についても、思わず「なるほど!」と膝を打つような内容で、得心が行きました。

 

 ブログを始めるにあたっては、アメーバブログも選択肢としてはあったらしいのですが、あちらはどちらかと言えば「日記」的なコンテンツであり、ブロガー個人の「キャラ」が立っていてこそのコンテンツ。あまり企業ブログとしては向いていないのではないか、と。

 

 その点、ある記事に対して、互いに「言及」し合う文化のあるはてなブログは、キャラよりも記事の内容を重視するため、複数ライターによるブログ運営にも向いているのではないか、ということでした。

 確かに、上位ブロガーともなれば名前も知られるようになりますが、基本的には、個別の記事が評価されるかされないか、といった土壌が、はてなにはあるような気がします。特に、はてなブックマークの存在の大きさは、日々、僕自身も実感しております。

 

 また、古越さんのお話で印象的だったのが、ブログの記事という「“一石”を投じて、波紋を広げる」という考え方。文章の力で他の人の思考を刺激して、互いに言及し合い、考えを深めていくことに繋げる。

 ぼくら社さんのポリシーにも、“考えるちからとなれるような本をつくりたい”とあります。他の人の意見を読んで納得、それで終わり……ではなく、そこから自分自身の主張を導き出し、「考える」を重ねていこうとすること。時間も余裕もなく、多くの情報を鵜呑みにしがちな今、これは大切な考え方なんじゃないかと思います。

 

 とは言え、僕らのような泡沫ブロガーにとっては、他の人の意見に突っ込むことはできても、互いに議論を重ねていくことは難しい。

 そう考えると、先日リリースされた、「ブログメンバー機能」を使えば、特定のメンバーの間で、特定の話題について、そこそこ言及し合いやすいとは思うのですが、どうだろう。どんどん内向的に、内輪化しそうな側面もあるので、一概には言えませんが(はてなブログの「ブログメンバー」機能でやれそうなこと - ぐるりみち。)。

 

どうもおじゃまいたしました!

f:id:ornith:20140424155800j:plain

いただいた本と、ニャーチェのしおり。読もう。

 

 そんなこんなで、ちょいちょいと僕自身の話も織り交ぜつつ、ブログをべた褒めされてぐへへへへwwwなんて喜びつつ、およそ1時間、ぼくら社さんでまったりと過ごさせていただきました。

 

 正直、話していただくばかり、もてなしてもらうばかりで、こちらからは実入りのある話題を提供できていなかった気も……というか、そんな気しかしないのですががががが!それでも、こんな無職のためにお時間をとっていただき、本当にありがとうございました。

 せめて、ニャーチェのしおりを知り合いに配って、宣伝に務めたいと思います。「これからブログ繋がりで会う人に1枚ずつ渡して、ゼロにすることを目標にしよう!」とも考えたけど、僕はそこまで社交的じゃなかった!残念!でも、会う機会があったら布教しますよ。うふふ。

 

f:id:ornith:20140424155801j:plain

ざっと見て、400枚はありそうでした。400人とオフ会!無理!

 

 最初から最後まで緊張しっぱなし、ところどころ、受け答えもしどろもどろでしたが、考えてみると、ブログでの関係性が、リアルで繋がったのは初めて。

 ウェブ上で繋がり、ブログの内容について言及をもらうことはあれど、現実世界で顔を合わせ、記事をパソコンに表示させながら、自分の書いた文章に突っ込んでもらうということはなく、恥ずかしくも嬉しい体験でした。オフィス訪問という貴重な経験もさせていただき、本当に感謝感激!であります。

 

 もし、またどこかで機会がありましたら、よろしくお願い致します。

 

f:id:ornith:20140424155759j:plain

緊張のあまり、すっかり忘れていたマイマスク。ニャーチェとのツーショットを撮れば良かった……。

 

疑問論

疑問論