ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

僕がブログを書くときの、3つのスタイル

http://www.flickr.com/photos/42673922@N03/4857508633

photo by owenwbrown

 

どうやってブログを書いているんだろう?人のやり方を知りたくなった - それでもブログが好きだから

 

 読みました。平日は、マクドナルドで100円コーヒーを飲みながらMacBook Airに向かって、ブログを書いております。マックでMac。デュフフ。なお、今は自宅で緑茶を脇に置いて、カタカタと。グリーンティー最高。我が家では、綾鷹は選ばれていません。

 

 本格的に更新を始めてから、はや半年。なんとなく、自分にとっての「ブログの書き方」のようなものも生まれつつあるので、自ら整理する意味でも、ちょいとまとめてみようと思います。

 id:nurahikaru さんの記事では、「ノウハウ的なことではなく……」と書かれていますが、ここではその辺の、「自分なりのやり方」についても書いてみようかなーと。

 

 

僕のブログスタイルについて

 たびたび記事の中でも書いていますが、「好き勝手に書いたるぞー!」ということを信条としている僕は、基本的にはその場の「ノリ」で記事を書き始め、その内容も、「思いつき」をてけとーに連ねていくスタイルでございます。

 

 ジャンルは特に絞っているつもりはなく、なんでもあり。ただ、僕自身の興味関心の範疇として、「仕事観」「ことば」「インターネット」などの話題の割合が多め。あと、(一応は)「書評ブログ」の看板も隅っこで掲げているので、読書と本に関する話なども。

 

 これまでの記事を見なおしてみると、記事の種別ごとに、書き進め方や構成などについて、それぞれちょっとした違いというか、「型」のようなものが自然と定まってきているようにも見える。

 なので、過去の記事をいくつか取り上げつつ、その構成と書き方、切り口などについて、自分なりに分析してみようと思います。ブログの自己分析でござる。

 

1. 言及型

 おそらく、僕のブログで一番多いのが、この【言及型】

 

 ニュースサイトで話題の記事や、他のブロガーさんの書いた記事を読んで、自分なりに考えたことを好き勝手に書き連ねていくスタイル。今、書いている、この記事もそうですね。

 言及型の記事は、なんといっても、書き出しが楽。冒頭にリンクを貼り、「それはどうかと思う」「共感した」「考えてみた」など、自分の意志を明らかにした上で本文に入ることができるので、自然と書き始めることができる。必要があれば、要約をまとめることもありますが。

 

 そのため、この手の記事を書くにあたっては、メモをとったり、あらかじめ主張を書き出しておいたりするようなことは、僕の場合、ほとんどありません。それとなーく考えを下書きで打ち込んでおくことはあるけれど、だいたいはその場のノリでございます。

 ゆえに、書きたいことを書きすぎて無駄に長文になってしまったり、一貫性がなくなってしまったりするので、少しは改めないと……とも考えてはいるのですが。

 

 例えば、こちらの記事。ニュースサイトのとある記事に突っ込んだものですが、構成は割とありふれたものだと思う。

 

 冒頭に元記事を挙げて、共感の意を示しつつも、自分の抱いた違和感を提示。じゃあ何がおかしいのか――というところで、本文を引用。経験談も織り交ぜつつ、持論を展開していく内容となっています。

 また、自分の考えだけでは根拠が乏しいので、調査に基づくデータが明示されている他のサイトの数字もお借りしたりも。ただ、ブコメでもご指摘いただきましたが、この調査が妥当なものかどうかまで考えが至らなかったのは、ちょっと甘かったかな、と。

 

2. 自分語り型

 完全な自家発電のタイプが、【自分語り型】。何かソースになる記事を最初に据えて書きだすのではなく、パッと思い浮かんだことや、生活の中で経験したことを元にして、一からオリジナルの文章を書き連ねていくスタイル。

 もちろん、文中で他の人の意見を参考にすることはあるし、その話題についても、書こうとする何らかのきっかけがあったはずなので、全てが自分の中から生まれたものではありませんが。

 

 こちらの場合は、【言及型】とは異なり、メモを活用するようにしております。というか、日頃からふと思い浮かんだことをメモするようにしているので、そこから話題を膨らませて、ひとつの記事に落としこんでいく形。

 

f:id:ornith:20140415180212j:plain

 

 ちょっと前のメモ。どういう話題・アイデアがあって、そこにはどんな事実や問題意識があって、それについてどう思うのか、みたいな。

 

 この記事なんかは、ほぼ完全に、自分が考えたことを並べただけの内容。ソースも他人の意見もなく、ぜーんぶ、僕個人の主観。

 

 自分が一番言いたいこと、核となる主張さえ決まっていれば、あとはそれを膨らませていくだけ。この場合は、最初に「それってどうなの?」という問題提起と主張をどーん!と置いて、そこに至るまでの考えや、具体的にどういうことなのかを説明したつもりです。

 

 読み返してみると、要領の得ない内容になっちゃった感じはありますが。もう少し範囲を絞ればいいものを、具体例も出さず、ふわふわとした話になってしまったので、そこは反省です。

 

 一方、同じく思いつき、というか、生活の疑問について書いたこちらの記事。先ほどの記事とは打って変わって、あちらこちらのサイトからデータをお借りして、引用しまくっております。

 

 結果、一種の「あるあるネタ」として、そこそこの反響をいただけました。なぜか2chに転載されたり。やはり、はっきりとしていて分かりやすいトピック&切り口の方が、読まれやすいんでしょうか。

 

3. 書評型

 【書評型】って、なんか違和感のある単語ですが、つまり、本の感想を書くときのスタイルです。確か過去にも書いた気がするけれど、流れとしては、

  1. 本を読みながらメモをとる
  2. メモに突っ込みなどを書き加える
  3. 「読書メーター」に短く感想をまとめる
  4. ブログにまとめる

という感じです。

 

f:id:ornith:20140227151447j:plain

 

 メモをまとめて、

 

f:id:ornith:20140415185810p:plain

 

 「読書メーター」に記録ついでに感想をまとめて、

 

  その感想を膨らませ、記事にする、と。

 

 記事ではこちらのように、最初から丁寧に要約していく場合もありますが、本の内容によって、それぞれ書きやすい方法でまとめています。自分の考えも織り込みたいなら、【言及型】のように引用を挟みつつになるし、他方では、特に印象的だった箇所に絞って論じる場合も。

 

 この記事は、内容を一部に絞って感想をまとめたもの。あえて目次も書かず、該当部分をまとめて引用した上で、自分なりの考えと感想を書いています。

 

「方法論」に縛られるのも怖いので

 基本的には、これらの三本柱。ノリで旬の話題に突っ込んでいくか、ノリで思いついたことを書き連ねるか、ノリで読んだ本の感想をまとめるか。このブログの半分は、ノリでできています。

 

 本来ならば、何か主張をするにも前提となる知識は必要だし、綿密な調査の上、個性や妥当性まで鑑みて意見を発信するべきなんでしょうが、まあ肩書きも何もない、個人のブログですしね。型に縛られすぎるのも嫌なので、割と好き勝手にやっています。

 けれど、やはり最低限のマナーというか、自らの発信する意見に対して責任は負うものだとも思っています。匿名だから何を書いてもいいというわけでなく、無知だからそれを盾にどんな批判をしてもいいというわけでもなく。

 

 好き勝手に、自由に、でも慎みは持ちつつ、超えちゃいけないラインも考えつつ。ルールとマナーを守って、楽しくブログしようぜ!

 

V for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスク

V for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスク