ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

“普通”って何?“常識”って誰が決めたの?誰かが信じる“当たり前”は、他の人にとってそうではない

http://www.flickr.com/photos/36330824954@N01/3756538006
photo by dpwk

「この作品、『普通』におもしろかったよー!」

『普通』ってどのくらい?

「え?目玉焼きにはマヨネーズが『普通』でしょ?」

それは、マヨラー界隈での『普通』では

「仕事の進め方がわからない?『常識』で考えろよ」

その『常識』を説明してほしいんですが……

 

 「普通」「常識」、これらの言葉は、非常に便利で汎用性が高いため、日常生活の中でよく使われるものだ。友達との会話で、学校の授業で、会社の仕事の中で、それこそ、「普通に」使われている。驚くほどに。

 実際、それで意味は(一応)伝わるし、当たり前に使っている言葉なので、特筆するような問題はないようにも思われる。

 けれど、これらの言葉を、説得や議論の場で使うのはちょっと危ない。その場で「ん?」と疑問を持って反論できればいいけれど、特に自分が詳しくない分野の話題に関しては、「詳しい人が『普通』って言うなら、そうなんだろうな……」と、なんとなく納得させられてしまう危険性を孕んでいる。

 

 そんな便利な言葉である「普通」と「常識」は、一種のマジックワード*1。本記事ではこれらの言葉について、自分なりに考えたことをまとめてみようと思います。

 

 

スポンサーリンク
 

 

「普通」とはなんぞや

 「普通」は、小学生低学年でも知っているくらいの、非常にありふれた言葉だ。僕らの日常生活の中で、「普通に」使われている。辞書で意味を調べてみると、次のように記されていた。

 

一 ( 名 ・形動 )

①いつでもどこにでもあって,めずらしくない・こと(さま)。
②ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。
③特別ではなく,一般的である・こと(さま)。

二 ( 副 )

①その事柄が多くの事例にあてはまるさま。一般に。
②いつもではないが,ほとんどそうであるさま。たいてい。

 

 ――うん、「普通」ですね。
 僕の考えていた通りの「普通」の意味であって、特に異論はない。

 

 けれど、例えば、その辺を歩いている100人の人に、この「普通」の意味を見せたとする。その中で、「いや、それは違うよ!」と主張する人がいないとは言い切れない。

 その場合、異論を唱えた人にとっての「普通」は「普通」ではなく、彼にとっての「普通」とは、また別の意味合いを持つ「普通」なのだろう。……って、何を言っているのか分からなくなってきたぞ。

 

 つまり、「普通」という言葉をある人が使う時、その人の頭の中では、「大多数の人がそれを『普通』であると認識している」という前提があることになる。冒頭の例で言えば、「目玉焼きにマヨネーズは『普通』」という人の周囲では、それが多数派として存在している*2ことになる。ややこしい。

 しかし、その認識が正しいかどうかは、実際に調査をしないと分からない。それが『普通』だと思っていたけれど、実際はみんな、ばらばらの認識を持っていた、なんてこともありえなくはない。極論だけど。

 マヨネーズ派が正義とは限らない。しょうゆも、ソースも、あるんだよ。

 

「『普通』におもしろい」

「普通におもしろい」

「普通においしい」

「普通に楽しい」

 

 これら、何かの感想に付随する「普通」。日常的に耳にする「普通」という言葉の中でも、その曖昧さが非常に良く表れている表現だと思う。最近は気をつけるようになったけど、僕も学生時代に使っていました。「普通」に。

 文脈としては、多分、「取り乱して叫び出すくらいにおもしろかったわけじゃないけど、つまらなくはなかったよー、程々におもしろかったよー」くらいの意味かと。「ま、いいんじゃないっすか?」くらいの、軽い感覚。うん、曖昧だ。

 実際のところ、これでも意味は通じるし、よく聞く言い回しなので、とやかく言う必要もないのかもしれない。でも、あまりに何でもかんでもふつーふつー言い過ぎると、語彙力が落ちていく一方なのでは、と思わずにはいられない。

 

 事実、当時の僕は酷かった。本や映画、アニメなど、作品の感想をよくTwitterに投稿していたのだけれど、そのボキャブラリーの貧相さといったら、もうね……。

 確か、「Twitterで頻繁に呟く単語を抽出するツール」のようなものがあったはずだが、それで調べてみたら、「すげえ」「やべえ」「ぱねえ」「普通」の頻出度がやばかった、じゃない、圧倒的に高かった。その辺で「うぇーいwww」とか言ってそうな文系のおバカ学生だった僕ですら、「うわあ……」とドン引きしたほど。あかんこれ。

 そんなわけで、「普通」という言葉をあまりに頻繁に利用すると、語彙力が残念になる。これは実体験でござる。お気をつけあれ。

 

「『常識』的に考えて」

 「常識」という言葉も、「普通」と似たような意味であり、同じくらい当たり前に使われている。こちらも辞書で確認してみると、次のように説明されている。

 

ある社会で,人々の間に広く承認され,当然もっているはずの知識や判断力。

 

 厳密には「普通」とは意味合いが違うのだろうけれど、単語の本質にまで突っ込むと話が脱線するので――まあだいたい同じ、という認識で。

 ここで問題となってくるのが、辞書では「ある社会」と表現されていることだ。例えば、日本社会とアメリカ社会。言語や文化、慣習が異なるように、地域社会、あるいは会社や学校、さらに小さい単位では家族ですら、そのコミュニティによって、あらゆる「常識」は違う可能性がある。本来なら、言うまでもないけれど。

 

 ゆえに、またマヨネーズの例を出せば、人によって持っている「常識」も異なってくる。

 父ちゃんも母ちゃんもじっちゃんもばっちゃんも兄ちゃんも妹もポチもタマも、全員が「目玉焼きにはマヨネーズ!」と断言する家庭にとって、それは「常識」だが、学校のクラスでは、しょうゆ派が大勢を占めているかもしれないし、職場では、ソース派が幅を利かせているかもしれない。タバスコ至上主義の地域があったっておかしくはない。

 

 だからこそ、全ての物事に関する「常識」は、そのコミュニティによって別のものであるという前提は、意識しておく必要があると思う。

 「それはおかしいだろ、常識的に考えて……」と言ったところで、「は?どこの常識だよ」と複数人に突っ込まれてしまえば、もう為す術もない。そこではそれが「常識」であることを受け入れるか、「常識破り」に挑戦するか。いずれにせよ、「自分の世界の『常識』が絶対である」という思い込みは危険だろう。

 

f:id:ornith:20140302191523p:plain

 そういえば、「常考」「JK」って表現、あまり見なくなりましたね*3

 

「普通」や「常識」を押し付けず、うまく付き合う

 このように、「普通」や「常識」といった言葉は、多数派という恩恵を受けた強い言葉であるようで、実のところ非常に曖昧なものだ。

 実際にそれがメジャーであることを示すには、そのコミュニティ内で妥当な調査をし、信頼できるデータを明らかにしなければ、「ほーら、『普通』じゃないか」とドヤ顔で断言することはできない。もちろん、そんなことやってられないけど。

 それが曖昧だと、なんとなく自分でも分かっているから、自然と口調も強くなるのかもしれない。

 誰かを説得したいのなら、「これが普通なんだよ!だから従え!」と押し付けるんじゃなくて、「多くの人がこうしているから、その方がやりやすいと思うよー」くらいの軽さで言った方が、納得できると思う。反発がきたら、その妥当性を説明すればいいのだから。

 

 他方で、その場の「普通」や「常識」を知ることは、コミュニティでうまく立ち回ろうとするのなら、効果的だと思う。

 異常で常識知らず、尖った人間が評価されることもあるけれど、その環境に溶け込もうとするのなら、コミュニティでの「普通」「常識」を理解することだ。同じ価値観を共有することによって、コミュニケーションを円滑に行いやすくなる。

 「ルール」「マナー」と言い換えてもいいかもしれない。けれど、それらが場を圧迫することもあるわけで……。その辺の話は、また別の記事でちょろっと触れているので、もしよかったらご覧ください。

 

 

 かの有名なアインシュタイン先生は、こんなことを仰ったそうな。

Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen.

 ――常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことである

 

 人間、育ってきた環境も、培ってきた経験もばらばらなのだから、価値観が異なるのは当たり前。それらがぶつかった時、自分の持つコレクションを互いに押し付け合い、相手を自分にとっての「常識」に取り込もうとするんじゃなくて、見せ合い、それがどのようなものか知ろうとすること。

 それこそが、「相互理解」と呼ばれるものなんじゃないだろうか。

 

 ちなみに、僕は、塩派です。

 

 

関連記事

*1:マジックワード - Wikipedia

*2:と、その人自身は認識している

*3:やらない夫が生まれたのは、2006年らしい(常識的に考えてとは - ニコニコ大百科