ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

AmazonとGoogle、2つの数字に振り回された1ヶ月――ブログ振り返り(2014/01)

http://www.flickr.com/photos/21078870@N06/5871541424
photo by Kham Tran

 

 毎月1日恒例、ブログの振り返りも、3ヶ月目になりました。

 

 先月は、悠々と10万PVを突破し、「この調子なら、1月中に30万も余裕だろうー!ふふーん!」と調子に乗っていたのが、終わってみれば、あらびっくり。11月よりも、アクセス数が落ちているという残念な結果。慢心、ですって…?(震え声)

 ところが一方では、収益が大爆発。たまたま、ひとつの記事がヒットしたことによって、Amazonアソシエイトの紹介料がものっそいことになりました。なお、Googleアドセンスは半減した模様。ぐぬぬ。

 酸いも甘いも知る――などと言うには、まだまだ新米ブロガーではありますが。ブログ運営における「絶好調」「絶不調」の状態を、一度に体験できたのは良かったのかな、と。そして、そもそもそれが不安定極まりないものであることを、身を以て知りました。ブログやべえ。

 その辺の話にも触れた、1月のブログ運営記録になります。

 

 先月 → 新年のご挨拶と、12月のブログの振り返り――月間10万PV突破! - ぐるりみち。

 

3ヶ月中過去最低、月間55000PV

(※グラフ削除済)

 

 先月が12万PVだったため、実に半減したことになる。本格的に更新を始めた11月でも57000PVなので、それ以下。UUも、78000から35000にダウン。なんじゃこりゃ状態。

 単純に、12月と比べるとヒットした記事が少なかったこともあるけれど、それでも、上旬は1000PV/日はキープしていた。ところが、10日頃、突如としてアクセス数が急減少。どうしてこうなった。

 

 

 ウェブマスターツールで確認してみると、一目瞭然。で、検索してみたところ、どうやら少なくない数のブロガーさんが通る道のようで、いくつもの記事が見つかりました。

 どのサイトさんも、非常に分かりやすい説明で助かりました。ありがたや。

 

 詳細は不明だけど、可能性としては、彼らと同じように、アルゴリズムの変化によって掲載順位が下がったか、何らかのペナルティを受けたことが原因だと思われる。

 対策としては、「座して待て」ということらしいので、良質な記事を書くべく試行錯誤しつつ、大人しく待つことにしまする。仮に30日間のペナルティだとすれば、あと10日程の辛抱なので。90日間だったら……大泣きする。

 

f:id:ornith:20140201020139p:plain

 そんなわけで、累計アクセス数も26万止まり。2月で30万いったらいいなあ……。

 今回の件で、うちのブログが、ほとんど検索頼りの泡沫ブログであることが再確認できたので、これも良い経験かと。Googleさん……いえ、Google様がいなければ何もできないのですよ、はい。

 これに付随して、はてなブックマークの影響力も、改めて理解した。ホッテントリに入れば、アクセス数がどーん!だもんね。どーん!

 

GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトを始めた、12月

 アクセス数が激減した傍ら、アフィリエイト収益が半端ねえことになっていたのが、1月。アクセス数がどーん!と下がったのに対して、収益はどぎゃあああああああああああん!!!!って感じになってた。語彙が貧弱である。

 とりあえず手軽に始められ、知識もいらないということで、GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトに手を出したのが11月下旬。結果、12月は、主に以下の2つの記事によって、Amazonアソシエイトの紹介料がそこそこもらえそう。

 

考える力を養えた、2013年のおすすめ本、16冊。 - ぐるりみち。考える力を養えた、2013年のおすすめ本、16冊。 - ぐるりみち。

photo by mlakner今年は、例年以上にたくさんの本を読むことができた。理由はいくつか考えられるけれど、最も大きな要因は、間違いなく、Kindle P...

オタクだけど、オタクじゃない、「新世代オタク」(『Febri Vol.19』より) - ぐるりみち。オタクだけど、オタクじゃない、「新世代オタク」(『Febri Vol.19』より) - ぐるりみち。

*1オタクだけど…オタクじゃなかったー!『Febri Vol.19』に掲載されていた、特集「あたらしいオタクの肖像」がなかなか興味深かったので、簡単にご紹介。艦...

 

 上の記事は、本を複数冊、紹介したもの。ブックマークが500もついたことで、4日間で22000PVを記録し、その中で、本を買ってくれた人が結構な数、いらっしゃった模様。ありがたや。

 下の記事は、1冊の雑誌の一部特集を紹介しただけにも関わらず、思ったよりも注目されてビビった。試行錯誤しながら、時間をかけて書いた記事なので、嬉しい限り。興味を持って購入して下さった方も、いらっしゃったようで、30冊程が売れた

 その結果、GoogleアドセンスとAmazonアソシエイト、それぞれから、諭吉1人分ずつの収益予定となったのが、12月の話。無職の身に、万単位で収入が入るのはありがたい。思わず小躍りしていたのだけれど――、1月は、とんでもないことになった。

 

Kindleストアの圧倒的収益力(ただし運とタイミングによる)

 結論から申しますと、以下の記事を投稿してからの3日間で、Amazonアソシエイトの紹介料で発生した諭吉を並べて、野球チームが組めるほどの金額になりました。

 

【終了】1月5日まで!「Kindle本 冬のセール」で気になった本、30冊! - ぐるりみち。【終了】1月5日まで!「Kindle本 冬のセール」で気になった本、30冊! - ぐるりみち。

photo by kodomut※本セールは、既に終了しています。一部、そのままの価格のものもありますが、大半の書籍は通常価格に戻っているので、ご注意下さい。A...

 

  この記事は、AmazonのKindleストアで実施されていた、計1298冊の電子書籍セールの中から、おすすめを紹介したもの。ブックマーク数は250ほど、Twitterでの言及も190と、極端に広く拡散されたわけでもないのに関わらず、すんごい売上を記録した。

 ちなみに、これに味をしめた僕はその後、類似の記事を2本、投稿している。

 

1月31日まで!「Kindle月替わりセール」で気になった本、10冊! - ぐるりみち。1月31日まで!「Kindle月替わりセール」で気になった本、10冊! - ぐるりみち。

毎月恒例の、Amazonの「Kindle月替わりセール」から、気になった本を選んでみた。今回は、71冊の中から、10冊。この前のように約1300冊なんてべらぼう...

1月28日まで!「角川書店のKindle本 70%オフセール」で気になった本、25冊! - ぐるりみち。1月28日まで!「角川書店のKindle本 70%オフセール」で気になった本、25冊! - ぐるりみち。

Amazon.co.jp: 角川書店今日のお昼すぎ。「何やら、きんどう(@kindouzon)さんが荒ぶっておる…!」と思ったら、角川書店のKindle本が50...

 

 が、ご覧の通り、結果は振るわず。なぜだろう。

 データをとって検証したわけではないので、僕の勝手な推測だけど、結局は「運」「タイミング」の問題かな、と。

 「運」に関しては言うまでもなく、「たまたまホッテントリしたから」というもの。運良くブックマークがとんとん拍子でついて、良い感じにアクセスが伸びてくれたことによる。泡沫ブロガーである僕にとっては、固定読者が多いブログとは違って、第一に「はてブ頼り」という現実がある。

 

 そして、そこにちょうどいい「タイミング」が重なったこと。件の「Kindle本 冬のセール」は12月1日から1月5日まで実施されたもので、記事を投稿したのが、1月3日という終了間際。つまり、「買うなら今しかない!」という購買意欲をかき立てるタイミングだったと言える。

 加えて、時は1月、三が日。5日の日曜日までは、年始の連休という人が多かったはず。時間もお金もあり、しかも新年、「新しいことをしよう!」という機運が高まる頃。そこに、ワンクリックで電子書籍が買える格安セールがあると聞けば、そりゃあクリックしちゃいますよ。僕自身も結構、買い込みましたし。

 

 そんなわけで、べらぼうな紹介料が入って、嫌でもテンションが高まった年明けだったけど、それも「たまたま」という結論だと思う。

 ただ、こんなことがあったからこそ、たまに見かける「Amazonアソシエイトで大儲け!」的な内容のブログも、あながち嘘ではないのかな、と。僕は乗っかれませんでしたが、上にも載せた先日の「角川書店セール」で、同様の経験をしたブロガーさんも少なくないはず。Kindle系の紹介サイトは、これからどんどん増えていくのではないでしょうか。

 

1月の人気記事

 アクセス数と収益の話が長くなってしまったので、人気記事はさらっと。そもそも、ヒットした記事が少ないんですけどね。うふふふふ。

 

【終了】1月5日まで!「Kindle本 冬のセール」で気になった本、30冊! - ぐるりみち。【終了】1月5日まで!「Kindle本 冬のセール」で気になった本、30冊! - ぐるりみち。

photo by kodomut※本セールは、既に終了しています。一部、そのままの価格のものもありますが、大半の書籍は通常価格に戻っているので、ご注意下さい。A...

 

 既に書いたように、1月の一番人気。14000PV。たくさんの本を紹介できるように、普段から読書の習慣は続けていきたいところ。

 

「『ゆとり世代』に気づいて欲しいこと」に対する違和感 - ぐるりみち。「『ゆとり世代』に気づいて欲しいこと」に対する違和感 - ぐるりみち。

photo by clappstar「ゆとり世代」に気づいて欲しいこと読みました。ライフネット生命の社長さんが、入社1、2年目のいわゆる「ゆとり世代」の社員と対...

 

 はてブもTwitterでの言及も多くないし、もちろん検索流入もないのに、なぜか妙にアクセス数の多い記事。何箇所かで参照されたのかな?感情的に書いてみた文。6000PV

 

コミュニケーション偏重主義が生み出す「承認欲求」(『承認をめぐる病』を読んで) - ぐるりみち。コミュニケーション偏重主義が生み出す「承認欲求」(『承認をめぐる病』を読んで) - ぐるりみち。

*1就職活動中、それこそ耳にタコができるほどに聞いた言葉、「コミュニケーション能力」。話す人によって定義が違う場合も多く、僕は「(良くも悪くも)その企業の歯車と...

 

 斎藤環さんの著作、『承認をめぐる病』の紹介記事。内容盛りだくさんの本だったので、今月だけで本書を3、4回は参照しているような。3000PV

 

『艦隊これくしょん』に見る、作品の人気と二次創作活動 - ぐるりみち。『艦隊これくしょん』に見る、作品の人気と二次創作活動 - ぐるりみち。

*1東方Projectから艦これに人が流れるワケ - おせちブログ読みました。確かに、この前の冬コミをぐるっと回った時にも、そんな印象は受けましたねー。一方では...

 

 他にもう少しPVの多い記事はいくつかあるけれど、各所で言及と突っ込み、共感の言葉をいただけて、個人的に嬉しかった記事。1600PV

 

1月のまとめと、2月の目標

 1月は一言で言えば、「数字に振り回されまくった月」でした。良くも悪くも。年始からこれで大丈夫か、とも思うけれど、良い勉強になったと思えば。前向きに前向きに。

 特に、アクセス数の激減によって、モチベーションが酷く下がってしまっていたのが問題。書きたいことも、読みたい本もたくさんあるのに、うだうだと過ごしてしまった印象。よろしくない。ただの腐れニートじゃないか。

 

 というわけで、2月は心機一転、「記事の質を上げる」ことに重点を置きたいと思います。できることならば、毎日投稿したいけれど、不完全な記事を乱発するのは控えたい。とは言え、意識が高くても疲れちゃうので、引き続き、「なんじゃこりゃ」みたいな記事も引き続き投稿していくと思います。ポエムとか。ぐへへ。

 固定の読者さんが、果たしてどれだけいらっしゃるのか、しかもどんな内容のものが望まれているのかは分かりませんが、興味のない記事は、軽く流してやってください。このスタンスは、しばらく変わらないと思います。よしなに。

 

 2月は、連載記事的なものも、できればやっていきたいな、と考えています。毎回、記事の最後に「次回予告」のあるブログさんたちに、謎の憧れを持っているので。それに関連して、少しずつ、「読んでもらえる」ブログの方向にシフトしていけたらいいな、とも。

 長くなりましたが、今月もよろしくお願いいたします。