ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

「幸せ」ってなに?「置かれた場所で咲く」のは難しい

f:id:ornith:20140126105227j:plain*1

 

 「幸せ」って、なんだろう。

 

「幸せ」とは、妥協すること

http://www.flickr.com/photos/88041888@N00/3471721865
photo by Tabbymom Jen

 「幸せは、妥協すること」だと、個人的には考えている。何もかもを求めるのではなく、自分にとっての「幸せの基準」を考え、それで満足すること

 金も仕事も生活も人間関係も、すべて理想通りに生きることなんてできやしない。しかも、全てを手に入れたところで、それでも満足できず、より強い欲望を抱き求めるような人だっている。それを単に「強欲」と呼ぶか、「向上心」と呼ぶかは、意見が分かれるんじゃなかろうか。

 

 ところで昨年、『置かれた場所で咲きなさい』という本がベストセラーとなった。

 発売は2012年だが、売上は100万部を超えるほど。タイトルからして、現在の環境をありのままに受容し、そこで幸せを見つけようとする――まさに「幸せの妥協のススメ」とでも言うべき内容なんだろうなー、と思っていた。

 ところがどっこい。この本、驚くほどにマッチョであった。読んでいて共感できる部分も多く、ものすごく良いことも書いてはあるのだけれど、鵜呑みにして、誰もがこのように「咲く」ことはできないと思った。たくましすぎる。

 

置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せになったり不幸せになったりしては、私は環境の奴隷でしかない。人間と生まれたからには、どんなところに置かれても、そこで環境の主人となり自分の花を咲かせようと、決心することができました。それは「私が変わる」ことによってのみ可能でした。 

「咲くということは、仕方がないと諦めることではありません。それは自分が笑顔で幸せに生き、周囲の人々も幸せにすることによって、神が、あなたをここにお植えになったのは間違いでなかったと、証明することなのです」

結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかった」と思うことが、次から次に出てきます。そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。

変えられないことをいつまでも悩んでいても仕方がありません。前に進むためには、目の前にある現実をしっかりと受け入れ、ではどうするかということに思いを馳せること。悩みを受け入れながら歩いていく。そこにこそ人間としての生き方があるのです。

 

 簡単に言えば、「適応せよ」との言。それも、「環境の奴隷になる」のではなく、プラスの方向に考え、周囲を巻き込んで、環境を作り変える努力をする。実際のところ筆者の主張は違うのかもしれないけれど、自分の解釈としては、そのように読み取れるものだった。

 

「世界に一つだけの花」だから、「咲けない」場所もある

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

  • 槇原敬之
  • Japanese Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 他方で2003年、SMAPのシングルCDである「世界に一つだけの花」が大ヒットした。「ナンバーワンよりオンリーワン」が叫ばれるようになったのも、この曲によるところが大きいんじゃないかしら。

 

そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

 

 歌謡曲に限らず、人を「花」に例える作品は多い。『置かれた場所で咲きなさい』でも、「咲く」がキーワードのひとつとなっており、本文中で幾度も言及されている。

 

どうしても咲けない時もあります。雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。

 

 しかし、「花」に例えて語るのならば、誰もが咲けるとは限らない。 “僕らは世界に一つだけの花” であり、 “一人一人違う種を持つ” 。つまり、人に個性がある以上、各々が適応できる環境は異なってくるため、すべての “種” が “置かれた場所” で咲くことはできないのだ。

 本書がマッチョであるように感じたのは、そのため。たとえ辛く苦しい環境にあっても、根を張り、機会を待て、と言う。だけどそもそも、その根を張る「土(=環境)」が、その「種(=人)」に適したものでなければ、芽吹くことすらできないのではないだろうか。

 

まず考えるということ、次に感じる余裕を持ち、その後に行動するという順序こそが、「一人格」としての生き方なのです。

 

 世の中には、仕事に忙殺されて、考えることすらできない人がたくさんいる。それは言うなれば、自身の性質を知らず、やりたいこともわからず、花壇か砂漠かアスファルトか、自分がどこにいるかも理解していない状態だ。そんな彼らに、「とにかく頑張って適応せよ」と言うのは、ちょっと理不尽であるようにも思える。

 

タンポポのように生きていけたら

http://www.flickr.com/photos/8980157@N06/3134020755
photo by 邪恶的正太

 もちろん、この『置かれた場所で咲きなさい』という本は、既に自分の「咲く」場所と環境を見つけている人――要するに、自分のやりたいこと、叶えたい夢、自分にとっての「幸せ」などが何かを理解している人――にとっては、非常に有効な啓発本だと思う。

 自分が望んで始めたことなのに、つまらなくなってきた。楽しかった職場が、人間関係の変化で崩れてしまった。叶えたい夢があるのに、スランプに陥ってしまった――。そんな人たちには、前述の「雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には無理に咲かなくてもいい」という言葉が力になるはずだ。

 

 では一方で、「咲けない」人はどうすればいいのだろう。本書の表現に習って言えば、「咲く場所を探す」他にないと思う。一箇所に留まるのではなく、いろいろな環境を試してみること。いつか、「置かれた場所で咲く」ために。

 花に例えるならば、タンポポのような。準備なくああしてたくましく生きるのは無理にしても、さまざまな場所で根を張ろうと試してみる。そうしたら、綿毛を飛ばして、また別の場所で挑戦する。そして最終的には、自分にとって居心地のいい場所を見つけられればベストだ。

 たとえ最高の場所が見つけられなくても、それだけの経験を積めば、自然と「置かれた場所で咲く」ための力はついてくるはず。そんなタンポポのように、どんな場所でもたくましく生きることができるようになれば、それはひとつの理想の到達点だと思う。

 

 ただし、行動するのはあくまで自分だ。『置かれた場所で咲きなさい』の中でも、このように書かれている。

 

幸せを他人まかせにしてはいけない、自分が積極的に動いて、初めて幸せを手に入れることができるのだという真理です。

 

 昔から、繰り返し言われ続けてきたことだが、大切なこと。 “幸せは歩いてこない。だから歩いて行くんだよ” 、と*2

 「幸せ」もきっと、同じ。やたらめったらに「俺の幸せはどこだああああ!」なんて探すものではないと思うけれど。自分が思うように生活しているなかで、「あれ? 今の俺って、満たされてるんじゃね?」と思える瞬間があるのなら、そのときこそが「幸せ」なのだと思う。もちろん、それは誰かに与えられるものではない。

 

どこかに いったら しあわせに なれる……。
やはり そんなことは なかったんですね。
今の生活から にげるのではなく
今の生活のなかから しあわせを みつけてゆく。
人が どこかに 用意してくれた しあわせなんて
ニセモノに きまってますからね。

『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』より

 

 人それぞれに「幸せ」が異なるということは、自分にとっての「幸せ」もまた、自身にしかわからないということ。その基準として、自分が心地良く感じる瞬間や、一緒にいて楽しい相手などを考えてみることは、心の点検にもなるのではないかしら。

 

幸せはいつだって
失って初めて幸せと気付く
小さな不幸
今だってきっとまだ合うはずだから
願いはたったひとつ

中川翔子「happily ever after」

 

 

関連記事

*1:『ドラゴンクエストⅥ 幻の大地』より

*2:三百六十五歩のマーチ - Wikipedia