読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

着物に興味のある男性の入門編!和服生活を始めるには?

着物男子

 子供のころに抱いていた夢のひとつに、こんなものがあります。

 

 「大人になったら、自分の着物を揃えたい!」

 

 どうしてそのようなことを考えるようになったのか、何かきっかけがあったのかは、定かではありません。けれど、和服に対する漠然とした憧れは、周囲の友達と比べれば、強く抱いていたように思います。

 そんな僕が、自分の着物を持つという夢を叶え、着物を身に纏うようになってから、はや半年。どのように始めたのか。着物での生活はどうか。

 そこで今回は、まだまだ初心者の身ではあるものの、この半年の体験談と、僕の「着物」に対する考え方などをざっくりまとめてみました。自分が着物を始めようとしたときも、男性初心者向けの情報が見つからず、ネットで調べるのにも苦労した覚えがあるので。

 

スポンサーリンク
 

 

目次

 

そもそも、「男きもの」って流行ってるの?

2012年11月、小栗旬さん、松坂桃李さんをはじめとするイケメン芸能人の着物姿を集めた『きもの男子』という写真集(幻冬舎刊)が大ヒットしました。それ以降、男性が着物を着ることに注目が集まっています(今年の夏は、浴衣を着てお祭りに行ったという男性も多いのではないでしょうか)。

 

 こんな記事もありますが、本当に流行っているかどうか……と言われると、正直、微妙なイメージですね。上の記事で紹介されている写真集にしても、購買層は女性が大半なのではないでしょうか。

 ただ、夏祭りや花火大会に目を向けてみれば、浴衣を着た男性の姿を見る機会は増えたように思うのですが……どうでしょう?

 「夏は浴衣でお祭りへ!」と聞くと、一昔前は女性向けの宣伝文句にしか聞こえませんでした。でも最近は、デパートなどで男性向けの浴衣が売っているのを頻繁に見るようになりましたし、実際、お祭り会場で和服姿のカップルを目にすることも多くなったように思います。

 

 そのような様子を見るかぎりでは、「男が和服を着る機会」は徐々に増えつつあるのかもしれません。日常生活で目にすることはまだまだ少ないものの、水面下で少しずつ広まっていることは、どうやら事実らしいのです。

 先日、着物屋の店員さんに聞いてみたところ、「新しく着物を買いたいんですけど……」と来店される男性も実際に増えているとのお話でした。年齢に関わらず、着物男子は、着実に勢力を伸ばしつつあるようです。

 

何はともあれ、まずは検索!~男着物入門サイト

 さて、「じゃあ着物を着てみよう!」と思い立ったはいいものの、着物に関する知識が皆無ではどうしようもありません。なので、まずは参考になりそうなサイトをご紹介します。

 

着物男子.com

着物男子.com
男の着物の入門サイト!/着物男子.com

 入門に最適なのはこちら。シンプルながら「着物」の基本から順序立てて丁寧に解説されており、とてもわかりやすい内容となっています。最初の一歩としては、こちらのサイトがおすすめかと。

 

男のきもの大全

男のきもの大全
男のきもの大全 | 男の着物の総合情報サイト

 「男の着物」と言えば、こちらも非常に有名なサイトです。「大全」の名の示すとおり、わからないことはこちらで検索すれば、だいたいは解決してしまいます。

 ただし初心者からすると、情報が多すぎるように感じるかもしれません。なので、まずは他のサイトで大まかな概要と知識をざっと仕入れたうえで、わからない点を補完する「副読本」として利用のがおすすめです。

 

きもの-わ-ふく

きもの-わ-ふく
きもの-わ-ふく:男性の和服(着物)についてのサイト

 「細けぇこたぁ気にすんな!とりあえず着てみんさい!」という軽いノリが特徴の、ゆるーい入門サイト。他のサイトと比べて、適度に砕けた文体がなかなか読みやすいので、気楽に学びたい方はこちらでどうぞ。

 

もうちょっと詳しく知りたい方に、男着物入門書

 また、近年は「男の着物」に関する本も多く出版されるようになりましたが、その中でも実際に僕が購入して、役に立った2冊をご紹介します。

 

ビジュアル版 男のきもの大全

 前述の入門サイト「男のきもの大全」の書籍版。

 着物の基本から始まり、生地や織り方、各和装用品の解説や、手入れの方法、着物生活のポイント(トイレ、雨、食事での着物)などなど、「これ一冊あればOK!」と言えるくらいに充実した本です。今でも常に手の届く場所に置いておくほど、すごくお世話になっています。

 

男を上げる「着物」読本 〈完全保存版〉

 プレジデント社から発行している着物雑誌、『七緒』の完全保存男性版。表紙の山崎まさよしさんが超かっこいいですね。

 この本の魅力は何と言っても、大きなカラー写真で着付けの手順を説明している点。イラストではわかりにくい帯の結び方もしっかりと写真で解説しており、「イラストだとわかりづいらい!」というときに、よく本書を広げながら着付けの練習をしておりました。

 

実際に着てみてどうですか?普段着が着物の生活体験談!

 ここまでのサイトや本を読んでみた……けれど、それだけではイメージが浮かばず、「やっぱりわからない!」という方も多いと思います。

 知識だけ仕入れても、やっぱりそれだけではしっくりこない――。そんなときには、やはり「人の体験談」に勝るものはありません。以下では、普段着として着物で生活している人たちの体験談をまとめました。

 

毎日着物着て生活してるけど質問ある?

毎日着物着て生活してるけど質問ある?
毎日着物着て生活してるけど質問ある? : GATUN

 意外と参考になるのが、2ちゃんねるのまとめサイト。「◯◯だけど質問ある?」系のまとめ記事は読みやすく、写真なんかも多く引用されているので、とてもわかりやすい内容となっております。

 

着物男子、時々やってます。

物男子、時々やってます。
OFFの日は着物男子やってます。

 2012年から着物を着始めて、着物で外出したときの記録を続けている方のブログ。コーディネートも参考になりますね!

 

海外旅行を着物で楽しもう

海外旅行を着物で楽しもう
海外旅行を着物で楽しもう

 タイトルどおり、呉服屋を営む管理人さんの海外旅行記。着物で旅をする際の注意点などもまとめられているので役立ちますし、しかも旅行記としても楽しんで読むことができます。

 

着物を買おう!~まずは「ネット通販」から入るのもあり

 「よし、着物については勉強したし、着たときのイメージもなんとなくわかったぞ!」とくれば……さあ、実際に買いに行きましょう。

 とは言え、最初から店に飛び込むには勇気が必要。そこで最初の一歩として推奨したいのが、ネット通販です。選択肢としてはやはり「Amazon」「楽天」がお手軽。検索すると数多くの着物が出てきますが、ここでは自分が実際に購入したものを含む、おすすめの商品をご紹介します。

 

選べる浴衣 6点セット

 自分が初めて買ったのは、こちらのセット。「浴衣に帯、雪駄にその他諸々がついてこのお値段!」ということで試しに購入し、部屋着として使っております。夏はびっくりするほど過ごしやすい。

 ただ、しばらく後に本格的な着物を仕立ててもらったため、こちらのセットを外で着る機会には恵まれなくなりました。最初の一歩、着物の「お試し」としてはありですが、長く着ることを考えれば、もう少し質の良いものを買ったほうがいいかもしれません。

 

洗える 着物セット(袷着物+羽織)

 次に買ったのが、こちら。袷と、羽織のセット。ポリエステル製なので少し小さく見えますが、初めて触れる着物としては非常にお手頃です。当時は、上の浴衣セットに付いてきた帯と雪駄と合わせて近所の散歩に出るなど、自然な形で着て、楽しく歩きまわっていました。

 

紳士着物フルセット

 そして、こちらがフルセットになります。代表的な「紬」に近い着物をはじめ、着物生活をすぐに始めるための全てのアイテムが揃ったセット。その分、お値段も少し張りますが、本気で着物生活を始めるのであれば、選択肢のひとつとして十二分におすすめできる一品です。

 

いざいざ、実店舗へ

 自分の場合は、通販で買った着物・浴衣生活も慣れてきた頃、「よし、そろそろ乗り込もう!」と決心をして、自分の着物を仕立ててもらうことにしました。浴衣やポリの着物は過ごしやすいけれど、やはり本格的な「着物」を着てみたかったので。

 前述のサイトや本の中で「男の着物はここで買えるよ!」というお店がいくつか紹介されていたので、気になったところへ突撃しました。

 

 訪れたのは、月島に店を構える男の着物 アッパースさん。店内に入って迎えてくれたのは、まだ若く優しそうな店主さん。「実は着物に興味がありまして、ひととおり揃えたいのですが……」などと初心者丸出しの自分に対して、すごく丁寧に対応してくださいました。

 着る季節、場面、価格、手軽さなどなどを、相談しながら決定。その場でサイズを測り、長着と長襦袢の仕立てをお願いし、ついでに雪駄と帯も購入しました。10万円近くの代金となったため、踏み切るのに躊躇はありましたが、結果として後悔しなかったので良かったです。

 

 そして1か月後、仕立て上がった着物を取りに伺って、試しに着せてもらったときは、本当に心から感動したことを覚えています。すげえ! とんでもなくぴったりだ! ……と。しっかり採寸したので、当然と言えば当然なのですが。

 「男の着物専門店」であるアッパースさんで初めての買い物をしたことは、大正解だったように思います。商品を薦めてもらうときも、複数の選択肢を用意していただき、とても良心的に感じました。

 洋服を買うときには、店員さんの視線が気になってしまう僕ですが、こちらのお店では丁寧な接客と心地の良いやり取りが感じられて、最高に満足のいく買い物ができたように思います。お世話になりました。

 

意外とたくさん!男の着物専門店

 自分の場合はアッパースさんが着物店の初体験となりましたが、他にも「男の着物」に特化したお店は数多く存在します。上記サイト&本でも取り上げられていますが、簡単にいくつかご紹介。

 

銀座もとじ 男のきもの

銀座もとじ 男のきもの
男の着物専門店「銀座もとじ 男のきもの」

 日本初の男着物専門店を開いた、銀座もとじさん。普段着から超一流の反物までだけでなく、海外ブランドとのコラボ商品などもあり、品揃えがとても幅広い呉服屋さんです。着付けなどの各講座もたびたび行われており、初心者にもおすすめできそうです。

 

男のきものスクエア イオリスク

男のきものスクエア イオリスク
男のきもの専門店 イオリスク

 「男のきもの大全」の早坂伊織さんによる直販サイト・イオリスクさん。人形町の実店舗ではイベントなども開催しており、男着物の普及のため、精力的に活動されています。

 

男の着物 藤木屋

男の着物 藤木屋
男着物/きもの男子【藤木屋/FUJIKIYA】

 上野公園近くに店舗を構える、藤木屋さん。「デニム着物」や「スーツ生地着物」などの取り扱いもあり、現代的ながらも味のある商品は見ているだけで惚れ惚れします。

 

着物生活で感じたこと

 僕が夏に入る頃に着物を揃えて、週末は着物で過ごすようになってから、はや半年。――と言っても、着る機会はそこまで多くないため、実際のところは月に4、5回、着るかどうかというところの、まだまだ初心者であります。

 そんな自分ではありますが、着物で生活をしてみて感じたこと、良い点・不便な点などを、簡単にまとめてみました。

 

1. 話のタネになる

 単純な話、まだまだ存在自体が珍しい着物。なので、それを着ているだけでひとつの話題になります。知り合いとの話に限らず、祭りやイベントの場で「あんら~!素敵なお着物ねぇ~!」と、おばちゃんに話しかけられたりすることもありました。

 

2. 楽しい

 着物に限った話ではありませんが、自分の好きな服を着て外に出るのは、やっぱり楽しいんですよね。もともと「服」そのものに興味がなく無頓着だった僕は、この歳になって初めて「着る」ことの楽しさを知った格好になります。新たな世界を知りました。

 

3. 楽

 そうなんです。意外や意外ですが、一度着てしまえば、着物は結構楽なんです。夏場の炎天下でじっとしているのは流石にきついですが、歩いていれば自然と風が隅々まで通り抜けるので、普通に洋服を着ているよりは体感的に涼しいです。

 冬は冬で、思ったよりも寒くありません。当然、風が入ってくるとスースーしますが、ヒートテックやタイツと組み合わせれば怖いものなしですね。

 

4. 雨と雪は怖い

 生地によっては、濡れるのを好しとしないものも数多くあります。雨の日はそもそも着て行かないか、化繊の羽織を持っていくようにしましょう。あるいは、雨対策に和傘などを買って着物に合わせても素敵ですね!

 

5. 激しい動作には向かない

 当たり前と言えば当たり前ですが、全速力で走るのは難しいです。小走りが限界ですね。なので普段から早歩きな人は、少しもどかしさを感じるかもしれません。

 その対策としては、袴を履くのがおすすめ。帯のみで着物を抑えているときと比べて下半身のホールド感が段違いなので、より普段使いのズボンに近い形でサクサク歩くことができるようになります。

 

6. トイレは……

 一番のネックはこれでしょうか。トイレが大変。持ち上げるだけですし、逆に楽ですよ? ――という人もいるかもしれませんが、慣れないとどうしても着崩れてしまうので。この辺は「慣れ」ですね。

 

まずは、試しに着てみては?

 長々と書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。もし興味があるのなら、ぜひ試しに着てみてください。さあ……貴方もこっちに来るのです……ふふふ……。

 新品でも意外と安く手に入りますし、上では挙げませんでしたが、さらに安い「古着屋」という選択肢もあります。お店を覗いてみたこともあるのですが、そこでお話した学生さんは着物を全て古着で揃えたそうで、10,000円もかかっていないとのことでした。

 もしくは、知り合いから譲り受けるという手もありますね。お年寄りの世代であれば、「昔、着ていたものが押入れの奥深くに……」なんていうケースもありえなくはありません。

 

 夏祭りの浴衣・着物比率を見るかぎりでは、和服に興味のある人は意外と多くいるように感じます。それならばせっかくですし、試しに触れてみることをおすすめします。

 「でもやっぱり、お高いんでしょう?」って? ……いえいえ、仕立てた着物は何十年と着ることができるのだから、洋服よりもよっぽど安価で、しかもエコでございますよ。「おじいちゃんの若い頃の着物がまだ着れた!」という話もざらに耳にするくらいには、長持ちです。

 

 以上、着物初心者の拙い紹介ではありましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。魅力溢れる着物の世界へ、さあさ、いらっしゃいませ!

 

f:id:ornith:20131226113656j:plain

 

 

関連記事