ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

「テレビっ子」じゃない僕にとっての「テレビ」

f:id:ornith:20131223011002j:plain

 

今から「テレビ見ない自慢」をします - シルタス!

 

 読みました。負けられない戦いがここにある。そう、僕はテレビを視ない子。

 

 「テレビ見ない自慢」なら……負けない!!

 

テレビ?ああ、食事中の映像付きBGMね!

 思い返してみると、幼い頃から、特定の「テレビ番組」を続けて視るということが少なかった。

 幼児期は、どちらかと言えば、『トムとジェリー』や『ピングー』といったアニメのビデオを見ていたし、小学生の頃は、アニメは視ていたけれど、ゲームボーイ、スーファミなどのテレビゲームに惹かれていた。中学・高校でも特別に好きな番組があったわけでもなく、大学時代から今に至るまで、その傾向は変わっていない。

 僕にとっての「テレビ」とは、主にビデオを観たり、ゲームをプレイしたりするための箱型ディスプレイであり、「テレビ番組」を視るのは、朝のニュースと夜の一部バラエティ&映画くらいで、どちらも食事中に限られた。飯を食ったら、本を読むか、マンガを読むか、宿題をするか、だったので。

 

「(何か知らないけど楽しそうな話してるなあ)」

 もちろん、僕のようなテレビを視ない子にとって問題なのは、テレビの話題についていけないこと。試練の時である。

 

友達A「ねーねー、昨日の『笑う犬』、視たー?」

友達B「視た視たー!あのコントおもろかったよねー!」

僕「お、おう……(´・ω・`)」

 

_人人人人人人人人_

> お、おう…… <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 へ、へへっ!まあこんなもんすよ!寂しくないと言えば嘘になるけど、だからと言って無理に視る必要もないと思っておりましたので。

 逆に、テレビ番組のことを全く知らなかったので、「ふーん、それって、どういうやつ?」と内容を聞くのは嫌いじゃなかったり。

 小学生なら、「えーっ!知らないのー?あれはね、こうこうこういう部分がおもしろくてー!」と嬉しそうに説明してくれるもんでっせ。さすがに、中高生くらいになると、「(なんでこいつ視てねえんだよ…)」と胡乱な目で見られるので自重してたけど。

 

 そんな、「テレビ視ないっ子」だった僕にも、視ていて記憶に残っている番組はあるもので。それらを、思い出せる限り挙げてみよう。

 「テレビ視なくたって、話についていけなくたって、視てるものは視てるんだぞ!」という自己主張です。言い換えると、「これしか視てねーよばーか!」ということです。

 

視ていたテレビ番組~幼児期編

f:id:ornith:20131223123510j:plain

「おかあさんといっしょ」
  ……これは鉄板でしょう。「ドレミファ・どーなっつ!」がジャスティス。

「ハッチポッチステーション」
  ……今でも歌えるよ!

「なんでもQ」
  ……ぎりぎり小学生前だったような。むしむしQと、あにまるQまで。

「セサミストリート」
  ……断片的な記憶しかない。黄色と赤色のイメージ。

「忍たま乱太郎」
  ……やべえ、三人組と勇気100%しか思い出せない。

「クレヨンしんちゃん」
  ……間違いなく、僕の人格形成に多大な影響を与えている。

「しましまとらのしまじろう」
  ……少しだけ視てたような…。とりっぴーが排泄行為をしていたような…。

「忍者戦隊カクレンジャー」
  ……おもちゃをいっぱい持ってた。ケインコスギ。ブラックホール。

  

視ていたテレビ番組~小学生編

f:id:ornith:20121016233616j:plain

「NHKニュースおはよう日本」
  ……我が家のデフォチャンネルはNHKでありました。

「NHKニュース7」
  ……我が家のデフォチャンネルは(以下略)

「連続テレビ小説」
  ……「ちゅらさん」「ほんまもん」は何となく覚えている。「私の青空」とか。

「おはスタ」
  ……レイモンド、怪人ゾナーの辺り。合言葉は~♪みたいな歌が耳に残ってる。

「TVチャンピオン」
  ……これは好きだった。興味のないジャンルでも、おもしろいと思える。

「ドラゴンボールZ」
  ……ブウ編しか覚えていない。というか、多分、ブウ編しか視ていない。

「ドラゴンボールGT」
  ……DAN DAN心が魅かれていたような気がする。

「地獄先生ぬ~べ~」
  ……やだ、えっちぃ!ゆきめかわいい。

「るろうに剣心」
  ……「壊れるほど愛しても1/3も伝わらない」は本当なのか - ぐるりみち。

「名探偵コナン」
  ……僕も殺されるんじゃないか!という被害妄想、したよね。え?しない?

「ONE PIECE」
  ……第1話から視てた。にわかとは違うんです。ふふん。

「遊戯王 デュエルモンスターズ」
  ……学校では、ペガサスのモノマネが流行った。

「ポケットモンスター」
  ……第1話から。初代御三家のエピソードが大好き。

「星のカービィ」
  ……土曜朝は、カービィを視てから登校するのです。

「とっとこハム太郎」
  ……妹と一緒に。マフラーちゃんかわいい。

 

視ていたテレビ番組~中学生編

f:id:ornith:20131223123914j:plain

「NHKニュースおはよう日本」
  ……我が家のデフォ(以下略)

「NHKニュース7」
  ……我が(以下略)

「連続テレビ小説」
  ……「こころ」「てるてる家族」はどっちも好きだった。

「大河ドラマ」
  ……母親の隣で視ていたが、好んで視始めたのは「新選組!」から。

「クローズアップ現代」
  ……この頃から、クロ現も視始める。

「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」
  ……かっぜぇのなっかぁのぉす~ばるぅ~♪ 男たちは、(以下略)

「WATER BOYS」
  ……映画が好きだったので。が、もはや全く内容を覚えていない。

「ミュージックステーション」
  ……J-POPにハマりだしたので。ランキングチェック。

「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」
  ……ゴールデンになってから。欠かさず視てたなー。

「脳内エステ IQサプリ」
  ……数少ない、好きなテレビ番組のジャンル、それが、クイズ番組。

「ポケットモンスター」
  ……アドバンス編の途中まで。半分は惰性。でもハルカかわいい。

「鋼の錬金術師」
  ……友達に薦められて、漫画を読んでハマリ、アニメも。

「あたしンち」
  ……なんで視てたんだろう。

 

 そしてこの後、高校に入ると、一気にアニメに侵食されることになる。

 

我が家のデフォはNHK

 長々と書いて気付いたんだけど、これって、「テレビを視ない」んじゃなくて、「バラエティとドラマ(民放)を視ない」だよね…。でもまあ、話のタネになるテレビ番組のジャンルと言えばこの2つになるのかな。ん?半沢直樹?リーガルハイ?いいえ、僕にとっての堺雅人さんは、山南敬助です。

 

 こうして見ると、ある人が視る好きな番組って、親の好みと家庭環境によって、かなり変わってくるんだろうなーと思う。

 うちの親は、バラエティはほとんど視ないし、民放のドラマも好まない。子供である僕らが積極的にチャンネルを回さない限り、画面に映しだされるのは、基本的に安定のNHK。映画やクイズ番組、時たまスポーツをみんなで視ることはあれど、それ以外はからっきし。

 ちなみに、今は親の好みとはかなり違ってきている模様。父親と妹は、議論系の番組を視ているとイライラするから止めろ!って言うけれど、僕は大好きです(^q^)

 

 おそらく、大多数の人が「テレビおもしろい!」と言うときの「テレビ番組」は、あまり視ないで育ってきたんじゃないだろうか。友達の話を聞いている中での知識として、俳優や芸能人の名前は知っていても、いまだに顔と名前が一致しない。実際、あまり興味もないしね。

 それが良いのか悪いのか、っていうのは別問題。いや、そもそも、良いも悪いもないんじゃないかと思う。趣味は人それぞれだし。ただ、クレヨンしんちゃんの影響力はすごいと思います(棒

 

 会社の寮に入っていた1年半、自分の部屋にテレビがなくて困ったことなんてなかったし、これからも自分のスタンスは変わらないんだろうな、と思う。

 興味関心を持ったら視ようとはするだろうけど、「話題になっているから」という理由ではあまり動かない。話題になっているのを見て、その上で、自分が興味を持ったら視る感じ。もしくは、よほど友達に薦められるとか。

 今の時代、あらゆるコンテンツが多様なメディアに溢れ返っているので、それら全部に触れようなんて、どだい無理な話っすよ。どうしても、取捨選択は必要。ならば、自分の好きなものを視るのが一番でさあ。

 

 ところで、僕のような、「多くの人が子供の頃に触れるものと無関係に成長してきた人」って、感覚もやっぱり少しズレているんだろうか。小学生の頃から、「変わった奴」「変態」「電波系」「謎キャラ」などと評価されてきた身としては、ちょっと気になるところ。ふーむ。

 

TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書)

TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書)

 
新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD]

新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD]