ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ダンボーと四国ぶらり旅〜尾道、しまなみ海道、松山城、佐田岬、神山町

f:id:ornith:20131208170535j:plain

 旅の相棒、ダンボー氏。かわいい。

 

 おはこんばんちは。
 先日に続いて、約1週間の旅行記を適当にまとめました。

 

 今回は、旅の相棒である、ダンボー氏の写真をいくつか選んで載せております。
 素人の使うコンデジによる撮影なので、クオリティは高くありませぬ。

 

 前:猫とダンボーと尾道で(ぶらり四国旅 その1) - ぐるりみち。

 

ダンボーと、猫の集会(広島県尾道市)

 前回の記事でも軽く取り上げた、尾道での写真。

 

f:id:ornith:20131208084554j:plain

 猫の群れに遭遇。

 

f:id:ornith:20131208084713j:plain

 じろじろ。 

 

f:id:ornith:20131208084725j:plain

 ダンボー氏には、あまり興味が無い模様。

 

f:id:ornith:20131208084731j:plain

 |●▲●|<そのガッツポーズはなんだ…。

 

f:id:ornith:20131208085138j:plain

 僕の腹に乗る猫に乗るダンボー氏。かわいい。

 

f:id:ornith:20131208085025j:plain

 |●▲●|<ふかふかじゃー!

 

ダンボーと、しまなみ海道(愛媛県今治市)

 瀬戸内海を挟んで、広島県尾道市と、愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道。その約75kmのサイクリングコースを、1日かけてダンボー氏と走ってきた。

 

f:id:ornith:20131208104331j:plain

 しまなみ海道のマップ。

 

f:id:ornith:20131208112635j:plain

 本州側からひとつ目の橋、因島大橋にて。

 

f:id:ornith:20131208143331j:plain

 お昼休憩時。青い海と空がきれいなんじゃ。

 

f:id:ornith:20131208143345j:plain

 |●▲●|<アップにすな!

 

f:id:ornith:20131208165620j:plain

 最後の橋、来島海峡大橋の前にて。
 沈む夕陽の辺りに見えるのが、全長約4kmの大橋。

 

ダンボーと、お城(愛媛県松山市、高知県高知市)

 松山では、松山城、高知では、高知城を見学。
 ダンボー氏の写真はあまり撮れなかった…。

 

f:id:ornith:20131209143703j:plain

 松山城城壁。落ち葉がいっぱい。

 

f:id:ornith:20131209144057j:plain

 決していじめではありません。

 

f:id:ornith:20131209144114j:plain

 この、開放感に溢れた表情である。

 

f:id:ornith:20131211125652j:plain

 板垣退助氏の像と一緒に。

 

ダンボーと、四国最西端(愛媛県西宇和郡伊方町)

 四国最西端の佐田岬半島の、その先端、佐田岬。
 ダンボー氏が吹き飛ばされかねないほどの強風だったので、写真はこれだけ。

 

f:id:ornith:20131210142222j:plain

 佐田岬灯台に向かう途中、削られた岩肌。

 

f:id:ornith:20131210142241j:plain

 |●▲●|<ドヤァ…

 

f:id:ornith:20131210141621j:plain

 一休み。まぶしっ。

 

ダンボーと、雨乞の滝(徳島県神山町)

 徳島駅からバスで1時間。IT企業のサテライトオフィスの進出で有名な神山町。その町にある、日本の滝百選にも数えられる、雨乞の滝に行ってきた。

 

f:id:ornith:20131212150139j:plain

 なかなか険しい山道を、川に沿って上流に進む。

 

f:id:ornith:20131212151305j:plain

 歩くこと、およそ30分。雨乞の滝に到着。

 

f:id:ornith:20131212151330j:plain

 |●▲●|<思った以上にすげえ…。

 

f:id:ornith:20131212151548j:plain

 角度を変えれば、また違った雰囲気。

 

f:id:ornith:20131212151634j:plain

 滝壺が、きれい。

 

f:id:ornith:20131212151825j:plain

 自然の荘厳さに触れた一時でした。

 

 以上。
 気が向いたら、また何か書きまする。

 

 

関連記事