ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

ゆとり世代の僕が「ゆとり」について思うこと

 「ゆとり世代」と呼ばれる僕ら。数年前、その第1世代が就職し、働き始めたことがきっかけとなったのか、最近になってまたこの言葉をよく耳にするようになった。書店に行けば、「ゆとり社員の扱い方・育て方」のような本も見かけるようになったし、しかも、そこそこ売れているらしい。

 この、「ゆとり」という便利な言葉。ゆとり教育を受けてきた人間として、20歳も過ぎるといろいろと思うところがあるので、思いつくまま書いていこうと思います。

 

あまりに便利な「ゆとり」という言葉

 「ゆとり」という言葉は、あまりにも便利だ。便利すぎる。どのくらい便利かと言えば、小学生が他人を否定するのに「ばーかばーか!」と無駄に乱用するのを覚え、大人になって語彙が増えても、「バッカじゃねーの」と昔と変わらず使い続けられるくらい。そのくらい汎用性の高い、「若者批判のテンプレ語」となっているような印象が強い。

 

 上の世代が使う「ゆとり」という言葉は、往々にして、否定的な意味を含んでいる。彼らが若者を批判するとき、二言目には、「これだからゆとりは」「ゆとりだし仕方ない」「ゆとり乙」などなど、まるで決まり文句であるかのような使われっぷり。

 「最近の若者はうんたらかんたら」といった批判自体、僕はあまり好きではないけれど(気分の良いものじゃないし、安易で広範すぎるカテゴライズ)、具体的な内容のある批判の中で、「ゆとり教育の弊害云々」などと使われるならば、まだ分かる。しかし、何の意味もなく、「よう、ゆとり(´,_ゝ`)プッ」とバカにされるのは……なんだかねえ。

 

実際、「ゆとり世代」の特徴ってあるんです? 

 例えば、ゆとり世代について、こんな特徴をまとめている企業があった。

  1. 自ら考え、行動することが苦手
  2. 自分が好きなことをやりたい願望が強い
  3. 自己成長への強い焦燥感を持つ

「ゆとり世代」と呼ばれる新人・新入社員。彼らの特徴を紹介。

 

 ――うん。言われてみれば、「あ!確かにそうかも!」と思える、思えちゃう特徴だ。事実、僕個人に関して言えば、全て当てはまると思う。咄嗟には動けないし、好きなことはやりたいし、成長意欲はある。

 

 が、待ってほしい。はたしてこれは、「ゆとり世代」に限定して、その世代の人間の大多数が持っている特徴なの?

 

 思うに、「ゆとり世代の特徴」って、かの有名な「血液型性格診断」と全く同じ論法なんじゃないかと。つまり、「多くの人が自分に当てはまると感じるような特徴」を挙げることで、それがその分類固有の特徴であるように錯覚しているだけ。

 血液型がA型の人に、「これはあなたの特徴です」と言って、実は「B型の特徴」とされているものを見せても、「当たってるー!あるあるー!」という反応ができちゃうのと同じ*1。心理的マジック。

 

 もいっこ例として、こんなのがありました。

  1. 実はかなりケチ。
  2. 「リスク」は嫌い
  3. 自然が好き
  4. ムードに弱い

 

 ――うん、これも僕は全部当てはまる。女の子と2人で食事に行っても、奢るなんてしないし、ハイリスクハイリータンよりもローリスクを選ぶし、ノリで四国最西端まで足を伸ばして海を見てくるくらいだし、良い雰囲気になったらキュンキュンしちゃうし。

 

 ……はい、もうおわかりかと思いますが、こちら、団塊の世代の特徴*2らしいです。僕は団塊じゃないよ!ぴっちぴちのゆとりだよ!でも、全部当てはまると思う。ーーつまり、そういうこと。

 議論の全てがそうだとは言わないけれど、「ゆとり世代の特徴」として挙げられるものは、根拠のない、荒唐無稽なものが多いと思う。ついでに、「ゆとり世代批判」の一部に関しても、昔からずっと飽きずに繰り返されてきた、いわゆる「最近の若者は——」論と同じものなんじゃないだろうか。

 

ゆとり世代が使う「ゆとり」

 ゆとり世代ではない、別世代の人が僕らについて語るとき、「ゆとり」という言葉は非常に便利だ。でもその一方で、僕らゆとり世代の人間の中でも、この言葉はマジックワードとして使われてきた。

 

 だって、便利なんだもの。それに、成長する過程でずーーーーっと、大人たちから繰り返し繰り返し言われ続けてきた言葉。冒頭の記事にもあるように、そりゃあ、「ああ、そうか。僕らはどうしようもないゆとりなんだ」と思うようにもなりますよ。

 そこにあるのは、多分、諦めと自嘲。「だってゆとりだもん」「ゆとりだし仕方ない」「ゆとりですけど、なにか?」などなど、僕ら言われる側は言われる側で、批判されるとこんな風に思考停止しちゃってる感じは否めない。これはこれで、問題だと思う。

 

 ゆとり世代の自分が言うのもなんだけど(という前置きも良くないのかな)、子供の頃から「ゆとり世代」としてレッテルを貼られ、あれこれ言われ続けてくれば、自信が持てなくなるのも、ある程度は仕方ないのかもしれない(いうかむしろ、これがゆとり世代の特徴になるのかしら)。

 でもでも、それじゃ進歩がないんだよね。「ゆとり」というカテゴライズは、もしかしたら僕らにある種の安心感ももたらしているのかもしれないけれど、そこに甘んじて自嘲し続けるのもよろしくない。「おれはおれだー!」と言えるくらいの気概が欲しいところ。

 そういえば、ゆとり世代の特徴のひとつに「個人主義」なんてのもあったような(笑)

 

ネットスラングとしての「ゆとり」

 さすがに最近は目にすることもなくなってきたように思うけれど、いまだに、某掲示板とそのまとめサイト、他には某動画サイトあたりで散見される、「ゆとり」という蔑称

 ネットスラングなんて大半がマジックワードな気がするから、あえて突っ込む必要もないかな、とは思うけれど。なんかまあ、どうしようもない。中身のない、無意味な批判。というか、批判ですらない。これから、自然と消えていくことを祈ります。

 

もはや「ゆとり教育」なんて関係ない

 結局のところ、今、巷で語られている「ゆとり」って、言う側も言われる側も、若者全般のことを言っているのであって、もはや「ゆとり教育」がどうのこうのはどうでもよくなってきているように感じた。

 単純に、若者世代をまとめて括って分類するのに便利で、分かりやすいし、響きが良いから「ゆとり世代」って呼んでいるだけなんじゃないかと。その証拠に、「さとり世代」なんて、また変なレッテルが広まりつつあるようだし。

 

 ならもう、「ゆとり」なんて言わずに「最近の若者」でいいじゃないか*3。僕らも、「ゆとり世代の僕ら」じゃなくて、ただの「僕ら」。カテゴライズするなら、平成生まれとか昭和生まれとか、その程度でいいと思う。

 それこそ、僕らには「ゆとり」が足りないんじゃないかと。「最近の若者はああだー」だの「僕ら若者はどうせくそだー」だの、批判したり自虐したりしているんじゃなくて、ゆとりを持って、「じゃあどうすりゃいいんだべ」ってことを考えよう。その方が、よっぽど生産的だと思うぜよ。

 

 「ゆとり」は、持つもの。

 

 

関連記事

*1:実際は、血液型診断はテンプレが確立されすぎていて、そんな反応がくるか怪しいかも

*2:提言論文 「団塊の世代」の五つの特徴(2006年)より、5つ目は妻がいないので省略させてもらいました

*3:でも、それはそれで、一緒くたにするのはどうなんだろう