ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

2013年のお気に入りの音楽を10曲挙げてみた

f:id:ornith:20131205225255j:plain
ピノキオピー - こどものしくみ - YouTube

 2013年もあと1ヶ月ほど。つまり、そろそろ、「2013年の○○ランキング!」的な内容の記事が増えるんじゃあるめえか!ということで、先取りしちゃいました。早いところではもう出てるようですが。

 全部挙げようとするとキリがなかったので、とりあえず印象的な10曲を選びました。趣味丸出し。アニソン&同人多めです。

 

One Song From Two Hearts/コブクロ

One Song From Two Hearts

One Song From Two Hearts

  • コブクロ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 それまでは、ベストアルバムが出たら聴く、くらいだったコブクロ。初めて聴いた時にびびっときて、繰り返し聴きまくるようになった曲は、これが初めて。

 なんというか、くどくない。3分半と短め、ギター1本の伴奏で始まって、2番のサビでぐっと盛り上がり、間奏→大サビでそのまま収束していく感じ。すっきり。曲名も好き。

 

栄光の男/サザンオールスターズ

 紹介不要、サザンオールスターズの活動再開シングルより。

 単純に歌詞が好き。桑田さんと同じくらいの世代だと、いろいろと思うところがあってより感動できるのだろうけれど。そんな背景と関係なく、僕ら若者にも響くものがあるのはなぜだろう。

 

高嶺の花子さん/back number

高嶺の花子さん

高嶺の花子さん

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 Mステ出演時の「青い春」でびびっと きて、それ以来ハマっているback number。この女々しさがたまらんのですよ。「いや待てよ そいつ誰だ」で笑った。

 「青い春」は社畜のテーマ*1だと思ってます。

 

モンタージュガール/ヒトリエ

 同人音楽バンド、ヒトリエの曲。ボーカルは、「裏表ラバーズ」「ローリンガール」などでおなじみの ボカロP、wowakaさん。もちろん、作曲も。

 彼のボカロ曲のファンが聴いて、一番しっくりくるのがこの曲だと思う。メロディの高低でぐわんぐわんさせられる感じ、いいね!来年1月にはメジャー1stシングルも出るということで、期待。一度はライブに行ってみたいなー。

 

ストライク・ザ・ブラッド/岸田教団&THE明星ロケッツ

ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド

  • 岸田教団&THE明星ロケッツ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 同名アニメの主題歌。同人音楽バンド*2岸田教団&The明星ロケッツの曲。今も昔も、いっっっっちばん好きなバンド。

 サビ後半の昂ぶりが最高っすよ!あと、PVのドリル奏法は必見。

 

紅蓮の弓矢/Linked Horizon

紅蓮の弓矢

紅蓮の弓矢

  • Linked Horizon
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 アニメ『進撃の巨人』のオープニング。 何の前情報もなしにアニメを見てたら、「あれ?この曲調に、歌声……サンホラ*3!?」ってなってびっくらこいた思い出。まさかRevoさんの楽曲をテレビで聴く日が来ようとは…。

 アニメらしい熱い曲ながら、聴けば、Revoさんだ!分かる。だがしかし、物足りない。そう、台詞が。

 

正義を信じて、握り締めて/悠木碧

正義を信じて、握り締めて

正義を信じて、握り締めて

  • 立花響(CV:悠木碧)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 アニメ『戦姫絶唱シンフォギアG』の劇中歌。キャラソンなんて本編のおまけだと思ってました。すみません。

 「キャラクターソング」という括りで見れば、今まで聴いたどの曲よりも好き。そのくらいハマった。熱いし、悠木碧さんの声が癖になる。CDとは別にアフレコ現場で録っているらしい、アニメ版と聴き比べると、物足りなく感じてしまう不思議。

 

キツネだからってあぶらげが好きとは限らない/まらしぃ

キツネだからってあぶらげが好きとは限らない (instrumental)

キツネだからってあぶらげが好きとは限らない (instrumental)

  • まらしぃ
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 ニコニコ動画のピアノ奏者、まらしぃさんのオリジナル楽曲。最近だと、トヨタのCM*4で演奏曲が使われてますね。びっくりした。

 ピアノ曲は好きで結構聴いているんだけど、その中でもお気に入りのCDから(同人なので、上のミクさんのジャケットのものではないです)。集中したい時、作業前に聴いて活を入れるのに使ってた。ピアノっていいよね!

 

こどものしくみ/ピノキオP

こどものしくみ

こどものしくみ

  • ピノキオピー
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ボーカロイド。作曲は、ピノキオP。「ボカロ曲」でカテゴライズするなら、今年一番の楽曲。

 ピノキオPの作品*5はどれも好きだけれど、これは中でも特別。うまく言葉にできないけど、なんか切ないんすよ。ラストのサビでぶわっときた。

 子供に戻りたい大人なのか、子供で在りたい子供なのか、大人になれない大人なのか。

 

終点/cosMo@暴走P 

終点 feat.初音ミク

終点 feat.初音ミク

  • cosMo@暴走P
  • Anime
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ボーカロイド。作曲は、cosMo@暴走P。この曲は、示唆的というか、いろいろと考えたくなる。

 ボーカロイド黎明期に流行った、「ボーカロイドの物語」を描いた楽曲は消え去り、今は、カゲロウプロジェクトを始めとする、別の物語の語り部としてのボーカロイドの存在がある。そんな中で、初音ミクに「誰かからの別れの歌」を歌わせる意味。

 って書いていると、長くなりそうなので、やめておきます。ひとつの終点であって、転換点なのかも。こすもんの曲は、昔からずっと大好き。

 


 

 書きながら、「この手の記事って、まさに自己満足以外のなにものでもないよなー」と考えつつ、でもその一方で、他の人の「おすすめ」をまとめた記事は見たくなるのよね。音楽にせよ、映画にせよ、小説にせよ、思いもよらない出会いがあったりするので。

 年末は、自分が知り得なかったその年の情報・コンテンツに触れるチャンス!これから月末に向けて、「おすすめ」系の記事が増えてくるといいな。

 

関連記事

*1:踊りながら 羽ばたく為のステージで 這いつくばっていてもおおおおお

*2:メジャーデビューはしているが、自主制作販売も続けているので、「同人」がしっくりくる

*3:Sound Horizon

*4:http://www.youtube.com/watch?v=qJqXIUrTmPM

*5:楽曲というよりは、映像も合わせた「作品」という印象