ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

考え事-コミュニケーション

街で耳にする“怒声”に対する苦手意識と、“怒り”との付き合い方

街中や飲食店で聞こえてくる「怒声」に対し、不快感を覚えてしまうことについて。

「他人からの評価」ってバカにできないよね、と思った話

自分に対する「他人からの評価」との向き合い方について。ネガティブな意見には身構えてしまうけれど、「自分にそういう一面があるかもしれない」と認識することが大切になるケースもあるのではないかしら。

携帯電話に届く迷惑メールと、移りゆく連絡手段

スマホにストーリーじみた迷惑メールが届いたことから、ふと「キャリアメール」について思ったことをつらつらと書いてみた。スパムは懲り懲り。

「○○くん」に会いたくて〜他人の呼び方と二人称の話

人に対して付ける「○○くん」「○○さん」という言葉について。僕の二人称の使い方、おかしいですか?

知っているから、許せる/知っているから、許せない

「批判」はその人の過去に裏打ちされた知識や体験ありきのものなのか。日々浮かび上がる文句や問題点の指摘を有意義なものとして消化するためには。

生きづらさやコミュ障は「生きる速度」の違いで説明できる?

『秒速5センチメートル』のキャッチコピーから、日々の生きづらさやコミュニケーション不全を「生きる速度」の違いに例えて説明してみました。

ネットの文章に人柄は出る?〜文字本位の人間として生きていく

ネット上の「書き言葉」とリアルの「話し言葉」の同期性について。文字としてアウトプットすることで自分の思考に気付くこともあるし、「文章」で話す人も中にはいるのではないかしら。

「べき論」は避ける“べき”? 価値観の押し付けと“おすすめ”

ビジネスの場でも嫌がられがちな「べき論」について。そもそも「べき論」とはなんぞや。価値観の押し付けとしての意味が強いように思えるそれを否定し、前向きに説得するための考え方。

常連のおじいちゃん(80歳)が話した、喫茶店に通う理由

毎日のように訪れている某喫茶チェーン店にて、よく目にする常連のおじいちゃんに話しかけられ、しばらく雑談に興じた話。高齢者、お年寄りが平日の昼間にカフェへ足を運ぶ理由とは。

サークルのOB・OGとしての立ち振舞、距離感について

大学のサークルの追いコンに参加してきたときに、考えたこと。メールの連絡をどこまでするかという疑問と、卒業生であるOB・OGはどこまで気を遣うべきか問題。

「名刺」が教えてくれたこと

会社員時代と、ブログを始めてからの「名刺」に対する考え方の違いについて。ネットとリアルの人格をリンクさせて活動するのであれば、必ずしも名刺は必要なものでもないと思う。

忘年会の「年忘れ」の先にあるもの〜来年も1年がんばるぞい!

忘年会シーズンでございます。強制的な余興はノーサンキューですが、その会自体を楽しもうとするのは悪くないことかと。憂鬱な飲み会も楽しくするため、「忘年会」に関して前向きに考えてみました。

人見知りの自分は、“文字”による自己表現に頼って生きていく

コミュニケーションの話。「本当の自分」「等身大」の自分を伝えやすいコミュニケーション手段は人それぞれに異なっていて、それでいいんじゃないかと。コミュ障、人見知りだっていいじゃない。自分の得意な方法で人と関わろう。

自分を低く見積もれば、人生は楽に生きられる

蛭子能収さんの著書『ひとりぼっちを笑うな』より、“自分を低く見積もっていた方が人生が楽ですよ”という考え方について思うこと。「最弱」を自覚することでモチベーションとするのは効果的だと感じる一方、「卑屈」になりかねない危うさもあるのでは。

「友達との登下校」が苦手になったのはいつからだろう

「登下校で一人になりたい系男子」の話。帰りの公共交通機関、電車の中などでは、なんとなく一人の方がいいと感じるのは自分だけだろうか。

ネットスラングとしての「コミュ障/コミュ症」という言葉について

ネットスラングとしての「コミュ障」という言葉について思うこと。そこに本来の「コミュニケーション障害」の意味はなく、単なるネタ・自虐として使われている、曖昧なマジックワードなのではないだろうか。

不完全な文字コミュニケーションで、それでもコミュ障は“ことば”を紡ぐ

インターネットと、コミュニケーションと、文字と言葉の話。伝わらないメディアであるネットにおいては、文字表現の限りを尽くして交流する必要がある。コミュ障でも人見知りでも、「ことば」は等しく伝えてくれるし、伝えてくれない。

友達の家でテレビを観ながらダベるのが苦手

友達の家でテレビを観ながらダベるのが苦手な、僕の話。

「話せる人」に憧れるだけの人生だった

“話せる人”に憧れるだけの人生だった。

負の「駄サイクル」を避けるための正の循環「幸せスパイラル」「恩送り」を考える

特定の関係性の中で善意がぐるぐると回って、循環的にみんなハッピー!になれるような「幸せスパイラル」の考え方。 そして、自分が受けた恩を「恩返し」として相手に返すのではなく、第三者にまで波及させることで、人間関係の繋がりを線のごとく伸ばし、次…

自分を「正当化」し、他人を「不当化」する言葉、意味あるの?

photo by Flооd ネットでもリアルでも、個人同士での言い争いにおいては、反論を許さない強い言葉がたまに聞こえてくる。自分の優位性を証明し、相手の欠点を明確に指摘するもの……のように見えるけれど、その実、なんら論理的ではなく、単に反撃させないため…

無駄に動ける身軽な「ぼっち」に僕はなりたい

「ぼっち」とはなんぞや。ぼっち飯だとかぼっち旅だとか言うけれど、ひとりぼっちでもいいじゃないか。

「テンプレ」表現から脱し、自分の「ことば」で語るには

便利だから使ってしまうマジックワード。そんなテンプレートの表現に頼りすぎるのも困りもの。語彙力が貧相になるのを避け、自らの「ことば」で語るにはどうすればいいのか。

恋愛関係で「キープ」はあり?なし?

photo by Brandon Christopher Warren 友達と数人で集まり、だべっていたところ、そんな話になりました。ざっくりとまとめると、こんな感じ。 インターネットの片隅で、ある女子が、ある男子と出会いました。 趣味が合うこともあって、2人はすぐに仲良くなり…

インターネットで「強い言葉」を好んで使う人たち

インターネット上での「文字」によるコミュニケーションを見ていると、「正義」や「論破」など、やたらに「強い言葉」を使う人が目に入る。どうしてだろう。

「友達」という究極の消費コンテンツ

「友達」とは何だろう。人によって定義のまちまちなマジックワードでありながら、誰もが意識する身近な交友関係。それは言い換えれば、究極の消費コンテンツとも言えるのでは。

感情が先?理性が先?「一目惚れ」したって良いじゃない!

恋愛においては感情と理性、どちらが重要視されるべきなのだろう。「一目惚れ」について、非モテ男子が考えてみました。

キャラを演じる「自分」も含めた、“ありのまま”の現在を受け入れる

「自分が無い」と感じることについて - ゆーすとの日記(※削除済) 読みました。自意識、自我についての話。ちょうど最近、関係のありそうな本をいくつか読んでいたこともあり、自分なりに考えて突っ込ませていただきます。「れりごー♪れりごー♪」って聞こえ…

「怒り」の感情ってどんなもの? “怒らない”人と、“怒れない”人

「怒り」の感情について、考えたことをざっくりと。「あえて怒らない」人と、「そもそも怒れない」人がいるのではなかろうか。

自分の「好き」を主張するために、他を貶めないようにしたい

自分の「好き」や意見を主張するにあたって、他のモノを比較材料として貶めたり、やたらと批判しないようにしたい。